前橋市大前田町の大前田英五郎の墓。
大前田英五郎の墓は前橋市大胡町の雷電山にもあり、以前訪問済み。
(「関東一の大親分 -大前田英五郎の墓-」参照)

大前田英五郎の墓
大前田英五郎は、江戸時代末期に活躍(?)した侠客。大場久八、丹波屋伝兵衛と並び「上州系三親分」とも、新門辰五郎、江戸屋寅五郎と共に「関東の三五郎」とも呼ばれた。

こちらは英五郎の本姓である田島家のお墓である。英五郎の父・久五郎、兄・要吉も大前田を縄張りとする博徒で、英五郎はそういう環境の中、自然と同じ道を歩むことになる。墓地には両親、兄の墓もある。

晩年は大胡町に館を構えていたため、雷電山にもお墓があるのだろう。