太田市菅塩町の聖天山善泉寺。

善泉寺 (1)
善泉寺 (2)
善泉寺は文明13年(1481年)益田一族の館跡を祈願所としたのが始まりという。益田氏は藤原秀郷系といわれ、横瀬氏(由良氏)の配下であった。一説には大胡城を築城したともいわれるが、もちろん定かではない。また、大胡城が横瀬氏支配時の城主であったともいわれる。

善泉寺 (3)
一時衰退していたが永正元年(1504年)再興され、任空により高野山から秘鍵弘法大師像が納められ、真言密教の道場とされた。秘鍵弘法大師像とは剣を持った弘法大師像だが、この剣は「文殊菩薩の剣は諸戯を断つ」ということかららしい。

善泉寺の秘鍵弘法大師像は、現存する関東唯一の像である

善泉寺 (4)
薬師堂に祀られる薬師如来は「トラ薬師」と呼ばれ、目の病にご利益があるとされる。

善泉寺については、いろいろ調べたが、不明の情報が多い。自分で書いておいてなんだが、今回は未確認情報が多いので、ご注意ください <(_ _)>