前橋市東片貝町の早虎稲荷神社。
片貝神社の境内社である。
(片貝神社は「片貝神社の太々神楽 -片貝神社-」参照)

早虎稲荷神社 (1)
早虎神社は寛延2年(1749年)、前橋藩主・松平朝矩が前橋城の鬼門除けとして造営した。

片貝神社に虚空蔵菩薩が祀られていた(虚空蔵菩薩は丑寅の守り神)ことも関係しているのかな。早虎稲荷が創建当時から片貝神社の境内社だったのか、遷座してきたのかは知らない。

早虎稲荷神社 (2)
早虎稲荷神社 (3)
鳥居が多く奉納されているのは、稲荷神社の特徴でもある。

鳥居がいっぱい並んでいるのは、本家の伏見稲荷大社が有名である。群馬県では、知っている限りでは伊勢崎市の小泉稲荷神社。(「鳥居がいっぱい -小泉稲荷神社-」参照)
願いごとが「通る」あるいは「通った」お礼の意味で、鳥居を奉納する習慣が江戸時代以降広まったから。

鳥居がたくさんある稲荷神社ほど、願い事が「通る」「通った」ということ。