前橋市東片貝町の能満虚空蔵地蔵尊。
前回の片貝神社の境内(というか社殿横)に祀られている。
(片貝神社は「片貝神社の太々神楽 -片貝神社-」参照)

片貝虚空蔵地蔵 (1)
片貝虚空蔵地蔵 (2)
片貝虚空蔵地蔵 (3)
慶応4年(1868年)の神仏判然令により、片貝神社に祀られていた虚空蔵菩薩像が安置されている。

片貝虚空蔵地蔵 (4)
片貝虚空蔵地蔵 (5)
虚空蔵菩薩が丑(うし)・寅(とら)年の人の守り本尊とされることから、お堂の前には「牛像」と「虎像」が置かれている。

片貝虚空蔵地蔵 (6)
お堂の献額。右側は何かの故事だろうか?

片貝虚空蔵地蔵 (7)
虚空蔵尊鰻池。鰻は虚空蔵菩薩の使者や化身という理由から、虚空蔵菩薩を祀る地域および丑・寅年生まれの人は鰻を食べないという風習がある。片貝地区の住民も鰻を食べる者はいなかったという。

また、眼病治癒に霊験あらたかな事から、難病や眼病の治癒祈願のため鰻を奉献する事を誓い、大願成就したら鰻をこの池に放流した。現在でも沢山の信仰者からこの池に鰻が奉納されている。

ちなみに、能満虚空蔵菩薩とは虚空蔵菩薩の5つの智恵を5体の菩薩像で表したもの(五大虚空蔵菩薩)の中の宝光虚空蔵菩薩のこと。