前橋市東片貝町の片貝神社。

片貝神社 (1)
片貝神社 (2)
片貝神社は弘仁2年(811年)に伝教大師の弟子・宥海上人がこの地に庵を結び、自ら彫った虚空蔵菩薩像を安置したのが始まりという。

片貝神社 (3)
片貝神社 (4)
片貝神社 (5)
慶応4年(1868年)の神仏判然令により、虚空蔵菩薩像は隣の虚空蔵堂に祀られるようになり、片貝神社は天之御中主神をご祭神としている。(虚空蔵菩薩に関しては別掲する)

片貝神社 (6)
境内の枝垂れ桜。「第62回伊勢神宮式年遷宮記念」とあったので、平成27年(2016年)に植樹されたばかりのようだ。けっこう大きいので、今年初めて咲くのかな。

片貝神社 (7)
片貝神社の太々神楽は五穀豊穣・疾病退散を祈願するもの。明治の初めに総社神社から伝えられ、現在まで中断することなく伝承されてきた。

片貝神社・太々神楽
神楽の写真は前橋市教育委員会から。

前橋市のHPに動画が紹介されているので貼っておく。(表のNo.3)
前橋市の郷土芸能