富岡市妙義町菅原の陽雲寺。

陽雲寺 (1)
陽雲寺 (2)
陽雲寺 (3)
陽雲寺は高田氏が天正10年(1582年)に北条氏に従い本拠を高田城に移した際の居館跡といわれる。開基は高田憲頼。

高田氏は源頼政(源三位)の子・盛員を祖とし、甘楽郡菅野荘高野郷に移り住んで高田氏を称している。高田氏は源氏の一族ということになる。盛員は建久元年(1190年)、源頼朝が上洛した際に随行している。

陽雲寺 (4)
本堂裏を流れる沢が水堀跡かもしれない。これ以外には館の遺構らしきものは確認できない。

陽雲寺 (5)
梵鐘を寄付したのはセガサミーホールディングスの会長(兼社長)の里見治(はじめ)氏。

陽雲寺 (6)
高田憲頼の墓。
憲頼は長尾景虎(上杉謙信)に従っていたが、永禄4年(1561年)に武田信玄の軍門に降っている。武田氏滅亡後は北条氏に従っている。その北条氏も天正18年(1590年)、豊臣秀吉の小田原攻めによって没落。高田直政(憲頼の孫)は高田城を離れ信濃塩田村に移っている。直政は徳川家康の召し出され、高田氏は旗本として江戸時代を生き残っている。

陽雲寺 (7)
境内にあったフクロウとカエルの像。不苦労(苦労を運び去り幸運を呼ぶ)と無事帰る(安全祈願や貸したものが返る)の揃い踏み(笑)。