前橋市日輪寺町の朝天山日輪寺。

日輪寺 (1)
日輪寺 (2)
日輪寺 (3)
日輪寺は神亀3年(726年)の創建と伝わる。

寺の東にあった朝日窪という池の水面が、毎朝金色に輝いていた。この話が国司・多治比真人に伝わり、多治比真人が池を浚うと一寸五分(約15cm)の黄金の十一面観音が出てきた。この十一面観音像を祀るために、多治比真人が建てたお堂が日輪寺の始り。

日輪寺 (4)
日輪寺 (5)
大同2年(807年)に弘法大師がここに立ち寄った際に、香木で五尺(約150cm)の十一面観音を刻みあげ、その胎内に黄金像を納めたという。これが今に残る日輪寺の十一面観音と伝わる。

十一面観音像は、観音堂の裏手にある宝物庫(?)に納められている。年に1回くらいは開帳されるのかな?

ちなみに、日輪寺の開基となる多治比真人の真人は名前ではなく姓(かばね)である。真人は天武天皇13年(684年)に制定された八色の姓の最高位で、継体天皇の近親とそれ以降の天皇・皇子の子孫に与えられたもの。

当時、上野国の国司に任命されても、都からはるばるやってくる国司はいないし、しかも最高位の姓を持っている多治比氏ならなおさら。とは言え、伝説に残るくらいだから、それにちなんだ事象があったってことだよね。