高崎市吉井町矢田の石造地蔵菩薩坐像。

石造地蔵菩薩坐像 (1)
石造地蔵菩薩坐像 (2)
前回の天久沢観音堂境内にある石造地蔵菩薩坐像。この地蔵菩薩像は矢田字夜明地区内にあったものを、昭和60年(1985年)に当地へ移設し覆屋を設置したもの。地元では「夜明の薬師」と言われていたが、像容から地蔵菩薩である。

像容は頭が僧形で、手は秘印を結んだ通肩厚肉彫りである。首には三道があり、肩はなで肩で、光背は桃形である。総高86cm、総幅56cm、像高58cm、像幅45cmで、製作年代は南北朝末期で、石材は牛伏砂岩を使用している。

案内板に覆屋ってあったので、どれ?って思っってしまった。これだと風雨は殆どしのげないような気がするので、風化が心配される。