前橋市鶴光路町の雲上山善光寺。

善光寺 (1)
善光寺は大洞2年(807年)伝教大師・最澄の創建と伝わる。江戸時代に入り、天海が長楽寺(世良田)の住職となり、当地の天台宗の寺院は善光寺も含め長楽寺の末寺となっている。

善光寺 (2)
善光寺 (3)
善光寺には3代将軍・家光から14代将軍・家茂に至るまでご朱印33石が与えられていた。

本堂は1996年(平成8年)に改修されている。

善光寺 (4)
境内にある伝教大師東国行脚の像。

善光寺 (5)
善光寺 (6)
石幢には四面に阿弥陀如来や不動明王などが彫られている。

なぜ善光寺というかは不明だが、信州善光寺の一光三尊阿弥陀如来を勧進した阿弥陀如来坐像を本尊としているからかな。