吾妻郡高山村尻高の名久多教会。

名久多教会 (1)
名久多教会 (2)
名久多教会は、日本基督教団関東教区群馬地区の教会。教会建物は、明治20年(1887年)に信者22名により建築された県内に現存する教会中、最も古い洋風建築物である。建築費用、資材なども信者の寄付で賄われている。

名久多教会 (3)
昭和46年(1971年)に復元工事、平成5年~6年(1993~94年)に屋根と内部全体の改修工事が行われている。この両工事も信者によって行われたという。

宗教には思いっきり疎いが、けっこう田舎(失礼)だけど明治初期からキリスト教を信仰していた方がいたんだね。しかも、奉仕の精神で教会建屋まで造ってしまうとは。

当然のことながら現在も現役の教会である。