富岡市七日市の前田家御宝塔。

前田家御宝塔 (1)
七日市藩の10代藩主・前田利和(としよし)が、初代藩主・利孝の二百回忌にあたり、天保10年(1837年)に建立した元祖廟。現在、御宝塔と呼ばれている宝篋印塔が残されている。

前田家御宝塔 (2)
前田家御宝塔 (3)
宝篋印塔は、高さは4.5m、基礎の幅と奥行は94cmあり、利孝の諡(おくりな)と生年月日、梅鉢の家紋が刻まれている。また、基礎の左側面から裏面・右側面にかけて利孝の実績を後世に伝える銘文が記されている。

前田家御宝塔 (4)
前田家御宝塔 (5)
元祖廟のあるこの丘は「七日市7号古墳」と呼ばれ、古墳時代後期に築造された直径30mの円墳である。

七日市藩陣屋(現、富岡高校)の西辺の石垣に当たる場所で、蛇宮神社のすぐ西になる。

七日市藩前田家関連
県立富岡高校内にあります -七日市藩陣屋跡-
七日市前田家の崇敬社 -蛇宮神社-
七日市藩主の菩提寺 -長学寺-
前田利家側室・明運尼の墓 -永心寺-