館林市代官町の長良神社。

長良神社 (1)
長良神社 (2)
長良神社 (3)
長良神社の創建年は不明だが、赤井良遠なる者が、かつて上野国・国主としてこの地を治めた藤原長良の余徳を慕い、佐貫荘長柄郷瀬戸井(現在の邑楽郡千代田町)に勧請したのが始まりとされる。

長良神社 (4)
長良神社 (5)
後に、館林城主・赤井照光によって、この地に勧請されたと伝わる。だとすると、長良神社がこの地に創建されたのは1500年代になる?

長良神社の主祭神は藤原長良であるが、その他17神が祀られている。その中に蛭子命(恵比寿神)がある。長良神社では大正時代から恵比寿講が行なわれ、毎年12月の恵比寿講祭では、商売繁盛の熊手を売る露店とそれを買い求める客で賑わうという。

主祭神の藤原長良は藤原冬嗣の長男であり、娘の高子が清和天皇の女御となり陽成天王を産んだことから、死後太政大臣を追贈されている。しかし、長良が上野国の国主を務めたという事実はないと考えられており、長良神社は佐貫氏が鎮守として祀ったのが始まりともいわれる。