佐波郡玉村町下茂木の梨ノ木山古墳。

梨ノ木古墳 (1)
梨ノ木古墳 (2)
梨ノ木古墳 (3)
梨ノ木山古墳は二段築造の円墳として残存しているが、もともとは前方後円墳であったと推測されている。南北42m、東西45m、高さ7mで、5世紀後半の築造と推定される。

梨ノ木古墳 (4)
昭和41年(1966年)の発掘では、二重の堀をめぐらせた広大な古墳であることが分かり、滑石製模造品、円筒埴輪破片等が出土している。軍配山古墳と並んで、地方の支配者の墓と推定される。(軍配山古墳は「滝川一益も見た風景 -軍配山古墳-」参照)

田園風景の中にあるので、非常に見つけ易い古墳(軍配山古墳も)。玉村ゴルフ場のすぐ北にあり、駐車場からよく見える。以前はよく玉村ゴルフ場に行っていたが、気づきもしなかった・・・。