前橋市千代田町あたりの広瀬川(遊歩道)。

広瀬川 (1)
広瀬川 (2)
前橋の中心部を流れる広瀬川。遊歩道が整備されている。絶え間ない水の流れに、心地よい風が河畔の柳を揺らしている。この日は連日の雨の影響で、水かさがかなり増していた。

広瀬川 (3)
広瀬川 (4)
前橋文学館の前にたたずむ朔太郎像。その前は朔太郎橋。

広瀬川 (5)
広瀬川 (6)
明治期には、広瀬川沿いに製紙工場があり、女工さんたちがこの橋を渡っていたという。「絹の橋」と命名されたのは最近らしい。

国道17号の西側にある柳橋から上電中央前橋駅前の久留万橋までの約1.2kmが整備されている。歩行者緑道・自転車専用道・鑑賞池・あずまやなどのほか、前橋ゆかりの詩人・萩原朔太郎の詩碑や前橋文学館などがある。

まあ、広瀬川の遊歩道を歩くのが目的ではなく、駐車場から中央アーケード方面に行くのが目的だったので、遊歩道自体はほんの数百mしか歩いていない。