Tigerdreamの上州まったり紀行

上毛かるたと群馬県内の神社仏閣、遺跡・史跡・古墳、資料館などの紹介。

訪問ありがとうございます。クリックしてもらえるとうれしいです♫ ⇒

Tigerdreamのまったりとスペシャル系」もよろしく! 


伊勢崎市境島村の田島弥平顕彰碑。
世界遺産・田島弥平旧宅の東門の前にある。

田島弥平顕彰碑
田島弥平顕彰碑は、娘の民が父の功績を後世に残すため明治27年(1894年)に建てたもの。タイトルは「南畬田島翁養蚕興業碑」。

田島弥平
田島弥平は明治前期に広く普及した養蚕技法の「清涼育」を確立した。これは蚕室に換気のための窓(櫓)を付けることで空気循環を良くする改良を加えたもの。弥平旧宅はこの実践と言える。明治15年(1882年)には「清温育」の高山長五郎も訪れている。

弥平はこのような養蚕技法「清涼育」や蚕室構造、桑の栽培などについて「養蚕新論」(明治5年:1872年)、「続養蚕新論」(明治12年:1879年)にまとめ著している。

また、弥平は蚕種販売会社・島村勧業会社の設立(明治5年)にも携わり、副社長も務めている(社長は本家の武平)。これは横浜の商人を通さず直接海外へ販売する試みであったが、余りうまくいかず島村勧業社は明治15年(1882年)に解散している。

弥平は養蚕技法改良の功績が認められ、明治25年(1892年)に緑綬褒章を授与されている。

オレも詳しいわけではないけど、養蚕って大変なんだよね。高山長五郎が養蚕技法改良(清温育)に取り組んだきっかけ読んだら、泣けてきちゃったことを思い出した。現在は時代の流れで養蚕は廃れてしまい、「養蚕群馬」の面影はない。

このエントリーをはてなブックマークに追加


伊勢崎市境島村の明京山宝性寺。
境島村地区は利根川で分断されており、宝性寺は深谷市側にある。

宝性寺 (1)
宝性寺は文禄2年(1593年)僧・明京の開基で字前島に創建。当時の前島は島村の中心部であったが、数度にわたる利根川の洪水により大正3年(1914年)から全戸移転を余儀なくされた。

宝性寺 (2)
宝性寺 (3)
宝性寺も大正3年に現在地移転しており、本堂はその時の建立である。現在、ご住職は他寺の兼務となっており、普段は無住である。

宝性寺 (4)
宝性寺 (5)
昭和59年(1984年)建立の閻魔堂。それまで本堂・中2階に安置されていた閻魔大王像を遷している。

宝性寺 (6)
境内の松。よく手入れがされている。

宝性寺 (7)
宝性寺 (8)
本堂裏に宝篋印塔などが並んでいる。歴代住職の墓所だろうか。

開基の明京の伝承として、天正13年(1585年)の豊臣秀吉の根来寺攻めの際、根来寺にあって巨竹を捻って鉢巻きにして、敵中に突入し根来寺の難を救ったというのがある。本当ならよく生きて上野国までこられたなと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加


渋川市上白井の御前神社。

御前神社 (1)
御前神社 (2)
御前神社の由緒は不明。子持神社の御前(おんまえ)の社という意味と解釈されている。ご祭神は子持神社と同様の木花開耶姫尊。

御前神社 (3)
御前神社 (4)
現在の社殿は文久2年(1862年)の建立。

御前神社 (5)
円形の句碑。小渕南交が文化13年(1816年)に建立したもので、花塚と呼ばれている。中央に「齋坊塔」とあり、右側に芭蕉の句「しばらくは 花の上なる 月夜かな」。左側には松露庵烏明の時雨の句を刻む。

御前神社 (6)
御前神社 (7)
神輿があった。例祭時に繰り出すのかな。

御前神社の横すぐを利根川が流れているが、この辺りを御前ヶ渕というらしく、この水と雙林寺の竜神水は結縁関係にあると碑に書かれていた。御前神社と雙林寺の関連性を言っているのか? それとも地下で水脈がつながっているとか?

竜神水は取り上げてないが、雙林寺は「雙林寺の七不思議 -雙林寺-」参照。

このエントリーをはてなブックマークに追加


渋川市白井の大宮姫神社。

大宮姫神社 (1)
大宮姫神社の由緒は不明だが、鎌倉時代の上野国神名帳の「正三位宮姫明神」と解釈されることもある。そうだとすると、創建は鎌倉時代以前の古社ということになる。ただ、一般的に「宮姫明神」は、榛東村の大宮神社とされている。
(大宮神社は「雨乞い祈願の霊験碑 -大宮神社-」参照)

大宮姫神社 (2)
社域はこんもりとした木々に覆われ、いかにも鎮守の森といった雰囲気。

大宮姫神社 (3)
境内は神門とを板塀で囲まれている。

大宮姫神社 (4)
大宮姫神社 (5)
大宮姫神社 (6)
社殿は一段高いところにある。拝殿の扁額は「牛頭天王」。もとは八坂神社なのか、それとも合祀された八坂神社の拝殿を使っている?

大宮姫神社 (7)
社殿脇の末社群。

ところで、社名からは大宮売神がご祭神かと思うが、実際は天宇受売命。天宇受売命は天照大神が天岩戸に隠れてしまったときに外で踊った女神。大宮売神は天宇受売命と同一視されることもあるようだが、一般的に大宮売神は宮殿を守る女神、天宇受売命は芸能の女神とされる。

このエントリーをはてなブックマークに追加


渋川市白井の玉椿の道祖神。

玉椿の道祖神
玉椿の道祖神は高さ129cm(総高177cm)の自然石。天明5年(1785年)の建立。玉椿は当地の旧地名。

この辺りは利根川岸の渡屋を通って前橋への経路にあたり、旅客を始めとした人の往来が多くなっており、白井宿への悪霊・厄災が入り込むことを防ぐため、賽の神として祀っていた道祖神が建てられた。

「右 前橋道」とも刻まれているので、道しるべの役割も果たしていたようだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


渋川市白井の松原の道しるべ。

松原の道しるべ (1)
松原の道しるべは、白井城跡(東)や源空寺(北)へ向かう四ツ角にある。高さ90.5cm、幅30cmの角柱で頂部に「一番」と記されている。嘉永3年(1850年)の建立。

松原の道しるべ (2)
南面に「左 ゑちご あがつま道」(西方向)。

松原の道しるべ (3)
東面に「右 ぬまた 双林寺道」(北方向)。

松原の道しるべ (4)
西面に「右 まいバ志 おほご道」(南方向)。「まいばし」って、この辺の方言のようだ。「おほご」は大胡。

ここは三国街道でも佐渡奉行街道でもない(と思われる)が、昔は旅人が普通に通った道のようだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


渋川市白井の鳳来寺峯薬師堂。

鳳来寺峯薬師堂 (1)
峯薬師堂は慶長5年(1600年)の建立。境内の由緒碑には「鳳来寺峯薬師」とあるが、内容は源空寺の薬師堂として建立されたとなっている。
(源空寺は「本多氏ゆかりの寺 -源空寺-」参照)

鳳来寺峯薬師堂 (2)
鳳来寺峯薬師堂 (3)
石仏や庚申塔類が並んでいる。とは言え、後に並べた感が見え見えだけど。

鳳来寺峯薬師堂 (4)
薬師堂は天明4年(1784年)に火災により焼失したが、天明6年(1786年)に再建されている。最近では昭和62年(1987年)に大修復が行われている。

鳳来寺峯薬師堂 (5)
本尊の薬師如来像は利修仙人の作といわれる。利修仙人は奈良時代の人で数々の伝説が残っている(存在自体が伝説とも)。愛知県新城市の鳳来寺を大宝2年(702年)に開基し、霊木から本尊の薬師如来像(峯の薬師)を作ったとされる。どうやら、この辺の話を持ってきて「鳳来寺峯薬師」と言うのかな。

ちなみに鳳来寺は江戸時代、徳川家康生母・於大の方が鳳来寺に参詣後に家康を授かったといわれ(伝説だが)、幕府の庇護を受けている。

鳳来寺峯薬師堂 (6)
鳳来寺峯薬師堂 (7)
境内の華月堂は昭和61年(1986年)の建立。峯薬師堂は吹屋地区が管理していたが、源空寺に管理を移管する際に堂内を調査したところ、吹屋愛宕神社内華月庵の本尊・木造弥勒菩薩坐像が出てきたとかで、その安置のため建立されたようだ。

中は見られないが、本尊を納める厨子とともに華月堂内に安置されている。なお、その厨子は江戸初期の貴重なもので、渋川市の重文になっている。


このエントリーをはてなブックマークに追加


渋川市赤城町溝呂木の諏訪神社。

溝呂木諏訪神社 (1)
溝呂木諏訪神社 (2)
溝呂木諏訪神社 (3)
溝呂木諏訪神社の創建年は不詳。鳥居の扁額が「十二宮」になっているので、数えたわけではないが十二宮が祀られているのかな。

溝呂木諏訪神社 (4)
溝呂木諏訪神社 (5)
溝呂木諏訪神社 (6)
社殿は正徳3年(1713年)の造営といわれる。宝暦5年(1755年)に再建・遷宮とある(旧記)ので、何らかの事情で他地から遷宮しているのか。

溝呂木諏訪神社 (7)
溝呂木諏訪神社 (8)
ご神木大ケヤキ。
樹高38m、目通り9m、推定樹齢800年の大木。以前は境内に数本のケヤキがあったが、この1本だけが残されご神木とされてきた。他のケヤキを伐採した理由は、社殿の修築などの費用捻出のためらしい。

溝呂木諏訪神社 (9)
反対側を見ると、樹洞も大きく主幹が枯れているように見える。たき火による樹洞内火災や、落枝による社殿破壊があり枝を切った影響もあるようだ。

溝呂木諏訪神社 (10)
溝呂木諏訪神社 (11)
境内社・八坂神社の神輿。
黒漆仕上げで、斗栱・垂木・貫など精巧な造りの神輿。宝暦3年(1753年)に北橘村八崎の八坂神社の神輿として造られている。

伝承によると、伝染病の流行により神輿が壊されそうになったため、狩野六兵衛という者が譲り受け、溝呂木八坂神社に寄進したといわれる。

このエントリーをはてなブックマークに追加


渋川市北橘町上箱田の大クワ。

上箱田の大クワ (1)
上箱田の大クワ (2)
大クワは根元付近から3本に枝分かれしており、樹齢は約300年と推定される。

上箱田の大クワ (3)
上箱田の大クワ (4)
根元周りは約4m、それぞれの幹周り(目通り)は、2.5m、2.1m、1.6mを測る。枝張りは東西10.6m、南北12.8m、樹高は8.3m(数値は現地解説板から)。

それなりに樹洞が見られるが、樹勢は良いように見える。渋川市内では「下郷の大クワ」に次ぐ大きさで、旧北橘村では唯一の大クワである。

このエントリーをはてなブックマークに追加


渋川市上白井の天霊山空恵寺。
前回訪問時(2012年)、長尾氏累代の墓を見つけられなかったので、捲土重来を期し再訪。(「渋川市上白井・空恵寺 」参照)

空恵寺2 (1)
前回、本堂裏の洞窟みたいなところでくじけたが、よく見ると左に行く細い道があった。草木をかき分けてみたいな感じで坂を上って行く。途中何か分からないが建物があったが、それを無視しさらに上って行く。

空恵寺2 (2)
ありました。長尾氏累代の墓。
長尾氏は桓武平氏の流れをくむ鎌倉氏の一族。鎌倉時代末から南北朝期に上杉家の家臣となり、上杉氏が関東管領として関東・越後に勢力を広げると、その家宰や越後・上野・武蔵の守護代として各地に諸家を分立させ繁栄している。

空恵寺2 (3)
中央の宝篋印塔は、長尾氏祖先・鎌倉権五郎景正、もしくは白井長尾氏の祖・長尾景熙の墓といわれる。これは渋川市の解説板の内容。真偽は分からない。

調べてみたところ、鎌倉権五郎から長尾景弘(長尾氏初代)が出ているのは確かなようだ。また、白井長尾氏の祖は清景とする資料が多いが、清景と景熙の関係は分からない。

ちなみに、鎌倉権五郎を祀る五郎神社というのが伊勢崎市にある。
(「鎌倉権五郎景正を祀る -五郎神社-」参照)

空恵寺2 (4)
空恵寺2 (5)
17基の宝篋印塔・宝塔が並んでいるが、そのうち15基が長尾氏関係の墓とされる。景仲(3代)、景春(5代)など一部の台石には銘も残っているが、倒壊などに伴う積み替えで、原型をとどめているものはないようだ。

ただ、空恵寺が白井長尾氏の菩提寺で、これらの墓碑が長尾氏のものであることは間違いないこと。

このエントリーをはてなブックマークに追加


渋川市赤城町津久田の角田夢幻道人の遺髪塚。

角田無幻道人の遺髪塚 (1)
入口の標識。微妙に上向きの矢印が気になる。

角田無幻道人の遺髪塚 (2)
琴平山と言うらしいが、獣道に毛が生えた程度の道を上っていく。写真では分かりづらいが、けっこう急坂だ。

角田無幻道人の遺髪塚 (3)
太古の赤城山からの噴石だろうか。大石がゴロゴロしている。

角田無幻道人の遺髪塚 (4)
角田無幻道人の遺髪塚 (5)
角田夢幻道人の遺髪塚。
角田夢幻は寛保3年(1743年)下野田村(現吉岡町)の花蔵寺に生まれ、宝暦8年(1758年)に津久田・林徳寺の法嗣(養子)になっている。

寛政4年(1792年)に京都に上り、大善院の住職となり修験宗門弟の講学所・森学寮を創立し、門弟の指導に尽力している。また寛政12年(1800年)には、伝法大阿闍梨法印に叙せられている。

文化6年(1809年)京で没し真如堂に葬られたが、上州の弟子たちが遺髪と爪を持ち帰り、夢幻道人建立の寂照山という寺の跡に遺髪塚を建てた。

角田無幻道人の遺髪塚 (6)
墓碑銘は聖護院・藤原利恭撰文、中山簡斎の書。他の2面には夢幻書の円頓章が刻まれている。夢幻自身も幼少のころから教学を学ぶ傍ら書にも親しみ、在京中には光格天皇に自筆の千字文を奉呈している。後に「上毛三筆」と称されている。

角田無幻道人の遺髪塚 (7)
遺髪塚の前に2つお墓がある。遺髪塚の建立者(弟子)と無幻の末裔の方のものだという。

ところで、遺髪塚にはけっこうな急坂を上って行くのだが、ここに来る直前に前回紹介した「千石稲荷神社」に行ってきたので、もう疲労困憊。

このエントリーをはてなブックマークに追加


渋川市赤城町津久田の千石(せんごく)稲荷神社。

千石稲荷神社 (1)
千石稲荷神社 (2)
千石稲荷神社は、源義康が天文16年(1547年)に奉斎し、天保12年(1841年)に京都のの伏見稲荷神社から分霊を勧請したといわれる。源義康と言えば、一般的には足利義康(源義国の2男で足利氏の祖)だが、年代的に合わないので別人だろう。

清和源氏(足利氏、新田氏、武田氏、佐竹氏、今川氏、細川氏、土岐氏など)が有名だが、それ以外にも嵯峨源氏、文徳源氏、宇田源氏、醍醐源氏など21の家系があり、これらの人々はみな本姓は源なので。

千石稲荷神社 (3)
お気楽に訪問したのだが、実はこれがどんでもなかった。一ノ鳥居の先は林道が続く続く、まだ続く(苦笑)。

千石稲荷神社 (4)
千石稲荷神社 (5)
やっと二ノ鳥居が見えてきたが、その先に社殿がある雰囲気ではない。まだ先のようだ。

千石稲荷神社 (6)
山道はさらに険しくなってくる。坂も急だ。

千石稲荷神社 (7)
最後に待っていたのが急な石段。上に何か見える。もう少しみたいなので頑張ろう。

千石稲荷神社 (8)
千石稲荷神社 (9)
やっと着いた。三ノ鳥居と社殿が見えた。大げさな表現を使うと、ちょっとした軽登山だった。

千石稲荷神社 (10)
千石稲荷神社 (13)
千石稲荷神社 (11)
千石稲荷神社 (12)
山の斜面の少し平らなところに社殿は建っている。小さいながらも美しい社殿は、森の緑とよく融合している。天井も格子絵が施されている。

千石稲荷神社 (14)
境内の神石? 左側の文字がよく読めないが「神」?

千石稲荷神社 (15)
千石稲荷神社 (16)
稲荷神社らしく、大量の狐像が奉納されていた。

江戸時代後期、伝左衛門という者が絹1疋を盗まれたが、当社の霊験により盗品が戻ったことから、盗品除けの神としても崇敬を集めるようになったという。

このエントリーをはてなブックマークに追加


高崎市(旧群馬町、旧箕郷町、旧榛名町、旧吉井町、旧新町、旧倉渕村)

上野和田氏の館跡? -和田の館跡-
毘沙吐村(埼玉県)から遷座 -高崎市新町・諏訪神社-
義太夫節の太夫・竹本土佐太夫の墓
高崎市倉渕町・長井石器時代住居跡
高崎市上里見町・橋場の地蔵尊
長野業盛夫人・藤鶴姫の墓
祝・世界記憶遺産登録 上野三碑再訪
義民・堀越三右衛門、三木市右衛門を祀る -光心寺-
高崎市吉井町・馬庭の薬師堂
群馬県最古の笠塔婆 -安養寺跡の笠塔婆-
高崎市・本庄辻の地蔵尊
高崎市・西間野(猿落し)の磨崖碑
井伊直政の伯母・恵徳院の開基? -萬松寺-
高崎市箕郷町・松山寺
果売箱が狛犬代わり? -高崎下室田・大森神社-
高崎市中室田町・岩井堂の石幢
高崎市倉渕町・石上神社
高崎市倉渕町・榛名山座主の森
室田之滝不動 -高崎市室田・大福寺-
羊太夫を祀る その2 -多胡神社-
高崎市吉井町・恩行寺古墳
鎌倉時代の創建 -恩行寺-
長根氏の居城 -長根城址-
権田栗毛の観音像を祀る -岩窟観音-
大戸浦野氏の中興開基 -全透院-
高崎市吉井町・南高原1号古墳
高崎市吉井町・片山1号古墳
羊太夫が乗ってきた舟? -舟石-
高崎市・金古愛宕山古墳
高崎市吉井町・御穴塚古墳
羊太夫の龍馬伝説 -随雲寺-
高崎市吉井町・馬庭飯玉神社
吉井藩陣屋跡(春日社跡)
吉井藩主・菅沼定利の氏神 -吉井八幡宮-
福田赳夫元首相の銅像
高崎市吉井町・馬庭念流道場
利根川100景 -東谷渓谷-
高崎市吉井町・住吉神社
剣聖・塚原卜伝の勧請? -卜神諏訪神社-
延文の板碑 -折茂観蔵院-
萌え系絵馬 -白山神社-
長野業正の長男・吉業の墓 -善龍寺 その2-
箕輪城水の手曲輪 -法峰寺-
柏木沢の蚕影碑
由良国繁の墓? -箕郷町・金龍寺-
吉井町・小暮の穴薬師
天久沢陣城跡の石造地蔵菩薩坐像
武田信玄の陣城跡 -天久沢観音堂-
榛名富士に登ったぞ! ロープウェイでだけど
榛名公園ビジターセンター
木部姫伝説の井戸 -長年寺 その2-
木部姫伝説 -御沼オカミ神社-
細川興秋の末裔・長岡家の供養施設 -弥勒寺-
日本三妙見 -妙見寺/妙見社-
木曽義仲の父・源義賢の館跡 -多胡館跡-
火打金鍛冶職人・中野孫三郎の墓
高崎市新町・神流川合戦の供養塔
土師清大夫の墓 -浄泉寺-
元禄と享保の石鳥居が保存されている -高崎市新町・諏訪神社-
小林一茶も寄進 -新町宿見透し灯籠-
遊女奉納の絵馬 -高崎市新町・八幡宮-
大和郡山藩柳沢家2代・柳沢信鴻の継室の墓 -宝勝寺 その2-
小判供養塔 -宝勝寺-
高崎市新町・明治天皇行在所
遊女・於菊物語 -於菊稲荷神社-
福田赳夫元首相の墓 -徳昌寺-
高崎市榛名歴史民俗資料館
情緒のある佇まい -延命密院-
小串氏の墓所と南北朝時代の石仏 -地勝寺-
奥平氏発祥の地 -奥平神社-
多胡郡の総鎮守 -辛科神社-
吉井藩代官・橳島家3代の墓 -法林寺-
菅沼定利の墓 -玄太寺-
県内屈指の大伽藍 -仁叟寺-
義民・白田六右衛門の顕彰碑 -龍源寺-
吉井・多胡薬師塚古墳
里見城址に行ってきた?? -里見城址-
里見氏ゆかりの神社 -郷見神社-
里見義俊の菩提寺 -光明寺-
伝・権田栗毛 終焉の地
小栗上野介忠順 終焉の地  
井伊直政の開基 -龍門寺-
ちょっと荒れ過ぎ・・・ -石上寺-
石棺が剥き出しで保存されてます -保渡田薬師塚古墳-
立派な前方後円墳なんだけど・・・ -保渡田八幡塚古墳-
白岩観音 -長谷寺-
内藤塚 -善龍寺-
伝・長野業盛の墓
長野業盛の墓があるって聞いたけど・・・ -大円寺-
長野業正の墓 -長純寺-
長野氏累代の墓 -長年寺-
堀部安兵衛の設計・築造の庭園 -旧下田邸書院&庭園-
吉井藩陣屋の表門
吉井藩の歴史を勉強しました -吉井郷土資料館-
合併記念の碑だった -入野碑-
埋もれた名城 -箕輪城-
見晴らしはいいけど・・・ -吉井・牛伏山-
戦国時代に想いをはせる -神流川の合戦-
あれっ? 何でこんなに混んでるの? -榛名神社-
アララギ派って? -土屋文明記念文学館-
あたり一面草ぼうぼう -上野国分寺跡-
小栗上野介の墓 -東善寺-

このエントリーをはてなブックマークに追加


高崎市箕郷町和田山の和田の館跡。

和田の館跡 (1)
和田の館跡は鎌倉幕府の侍所別当などを務めた和田義盛の6男・義信、もしくは8男・義国の館跡と伝わる。

延暦3年(1213年)に、執権・北条氏との争い(和田合戦)で敗れた和田氏の内、義盛の6男・義信、もしくは8男・義国が上野国に逃れ、当地に住み着いたとされる。

和田の館跡 (2)
和田の館跡 (3)
三方を山に囲まれた地形は、潜居(隠れ住む)には適している。周囲には濠跡も認められるという。よく分からなかったけど。現在も当地には和田氏末裔の方々(名字は異なるが)が、多く在住しておられる。

次第に勢力を増した和田氏は、寛喜2年(1230年)もしくは寛元元年(1243年)に赤坂(後の和田、現高崎)に移り、上野和田氏の祖となった。ちなみに、「上野国誌」は上野和田氏の祖を義信とし、「和田記」では義国としている。

このエントリーをはてなブックマークに追加


高崎市新町の諏訪神社。
以前、旧中山道沿いの諏訪神社を紹介したが、こちらは烏川沿い(岩倉橋の袂側)の諏訪神社。どう書き分ければいいのか難しい・・・。

新町諏訪神社2 (1)
諏訪神社は延長3年(925年)に毘沙吐(びさど)村に創建されたと伝わる。毘沙吐村は現在の埼玉県上里町毘沙吐。神流川と烏川が合流する辺り。

弘化3年(1846年)に同村を襲った大洪水のため壊滅的な被害を受け、安政年間(1855~60年)ころまでに全村で新町の下河原に移り住むことになった。同時期に諏訪神社も現在地に遷座している。

新町諏訪神社2 (2)
新町諏訪神社2 (3)
新町諏訪神社2 (4)
社殿は宝暦年間(1751~64年)の建立。

新町諏訪神社2 (5)
中央に諏訪社、右に大杉社、左に稲荷社の三社を祀る三社宮となっている。写真では分かりづらいが、諏訪社は海老虹梁の彫刻など精巧な造りとなっている。

新町諏訪神社2 (6)
境内には沿革を記した碑がある。昭和10年(1935年)の建立。

ちなみに、上里町毘沙吐地区は住民登録0人で、地名のみが残っているだけだという。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ