Tigerdreamの上州まったり紀行

上毛かるたと群馬県内の神社仏閣、遺跡・史跡・古墳、資料館などの紹介。

訪問ありがとうございます。クリックしてもらえるとうれしいです♫ ⇒

Tigerdreamのまったりとスペシャル系」もよろしく! 


前橋市馬場町の稲荷神社。

馬場稲荷神社 (1)
馬場稲荷神社の由緒は不明。

馬場稲荷神社 (2)
馬場稲荷神社 (3)
馬場稲荷神社 (4)
一の鳥居の扁額には「稲荷大明神」「雷電王」「山神十羅刹」、二の鳥居
には「天王宮」。天王宮は後から合祀されたときに、元の鳥居を持って
きたのだろう。

馬場稲荷神社 (5)
馬場稲荷神社 (6)
馬場稲荷神社 (7)
拝殿と本殿。

馬場稲荷神社 (8)
鳥居の東側にある「あ・うん石仏」。2体で「阿形」「吽形」を表している。
風化が進んでいるのとコケが覆っており分かりずらいが、向かって右が
阿形、左が吽形と思われる。

馬場稲荷神社 (9)
馬場稲荷神社 (13)
馬頭観音。三面六臂で表情は憤怒相で表されている。手には剣や蓮華
などを持ち、胸の前で印を結んでいる。台座に寛延4年(1751年)
の銘がある。

馬場稲荷神社 (10)
馬頭観音の台座の脇にも馬頭観音がある。こちらは一面二臂。

馬場稲荷神社 (11)
馬場稲荷神社 (12)
お堂の中にはお地蔵さんなど、いくつかの石仏が納められている。
前橋市の文化財に指定されているあ・うん石仏は露座なのに。どういう
お地蔵さんなのだろう?

馬場稲荷神社の境内東側には多くの石仏・石像があるが、東隣には
かつて(江戸期)観音寺というお寺があったとのことなので、その名残
かもしれない。



前橋市苗ヶ島町の苗島神社。

苗島神社 (1)
苗島神社 (2)
明治初年に東白山神社など3社を合併し苗島神社となっている。
当地は東白山神社の鎮座地であるが、東白山神社の創建年は不詳。
なお、扁額は群馬県初代県令・楫取素彦の筆である。

苗島神社 (3)
参道の先に二の鳥居。

苗島神社 (4)
拝殿は昭和43年(1968年)の新築。

苗島神社 (5)
本殿は合併時(明治初年)に改築されているようだ。

苗島神社 (6)
社殿横に石殿があった。詳細は不明だが、前橋市の重文に指定
されている。

苗島神社 (7)
社殿周りのは多数の末社(八坂神社あ、天満宮など)が並んでいる。

苗島神社 (8)
同じく社殿周りには巨石がゴロゴロしている。赤城山の山体崩落を
伴う岩屑雪崩(約13万~15万年前)の名残か?

苗島神社 (9)
堀田正頌(まさつぐ)徳澤碑。
堀田正頌は幕末から明治初期の人で、下野国佐野藩の最後の藩主。
苗ヶ島町との関わりはよく分からない。碑の裏側に経緯が書いてあった
のかもしれないが、見てこなかった。

旧宮城村文化財マップ
苗島神社前の苗ヶ島集落センター隅に立っている旧宮城村(苗ヶ島
地区)の文化財マップ。
そこに白山古墳の記載があり、説明に旧西白山神社跡地とあるので、
江戸時代以前には東西に白山神社があったようだ。

ちなみに、白山古墳は探してみたけど見つからなかった。


前橋市(旧郡部を除く)

津久井磯の遺徳碑 -隆興寺 その2-
前橋公園の「楫取素彦と松陰の短刀」銅像
旧普蔵寺供養塔 -最善寺 その2-
前橋市・今井神社古墳
前橋市・富田の宝塔
前橋市・正円寺古墳
上州七福神・福禄寿を祀る -正円寺-
前橋市・桂萱大塚古墳
前橋城の鬼門除け -早虎稲荷神社-
前橋市・片貝能満虚空蔵地蔵尊
片貝神社の太々神楽 -片貝神社-
平敦盛の供養塔 -泉蔵寺-
赤い御霊石伝説 -小石神社-
「おくまんさま」の三つ足八咫烏石 -前橋市・熊野神社-
佐藤垢石の碑
お沓の言い伝え -前橋市・上新田雷電神社-
前橋市・鳥羽の大日如来および笠塔婆
応永の宝塔 -大福寺-
青栁大師 -龍蔵寺-
石田玄圭の墓
養蚕神楽 -春日神社-
「生糸のまち前橋」の近代化遺産 -旧安田銀行担保倉庫-
前橋市出身の英霊を祀る -厩橋護国神社-
日本最初の製糸工場 -前橋製糸場跡-
楫取素彦・寿夫妻の発願 -清光寺-
筑波山信仰 -無量寿寺-
前橋市日輪寺町・菅原神社
十一面観音伝説 -日輪寺-
魚遊寺伝説 -乗明院-
伝教大師・最澄の創建 -善光寺-
意外と怖い長壁神 -長壁神社-
静御前のお墓??
酒井重忠の建立 -観民稲荷神社-
市街地の発電所 -柳原発電所-
御真影御里御坊 -妙安寺-
赤穂浪士・矢頭右衛門七の母の墓 -大蓮寺-
広瀬川 白く流れたり -広瀬川遊歩道-
徳川家康の8男・仙千代を祀る -正幸寺-
酒井忠世の開基 -隆興寺-
松平直矩の開基 -永寿寺-
新田義貞の首塚? -新田塚古墳-
新田義貞の首級を持ち帰った(?)「覚明」の墓 -宝禅寺-
神明宮の外宮? -前橋千代田・稲荷神社-
太田道灌の建立?? -前橋千代田・神明宮-
酒井重忠所縁の寺 -源英寺-
前橋公園の日本庭園
学校院若王子大明神 -御霊神社-
中臣羽鳥連の墓 -釈迦尊寺-
名馬「磨墨」の蹄がご神体 -駒形神社-
大坂戦籠城之図 -前橋文学館 その2-
萩原朔太郎記念・水と緑と誌のまち前橋文学館
前橋厄除け大師 -蓮華院-
総社神社の別当寺 -徳蔵寺-
上野国府跡? -宮鍋神社-
名馬・磨墨の墓 -祝昌寺-
前橋市・金冠塚古墳
前橋市・亀塚山古墳
前橋市・天神山古墳
前橋市・天川二子山古墳
前橋市総社町・遠見山古墳
前橋市総社町・愛宕山古墳
鎌倉坂伝説 -善勝寺-
酒井忠世家臣・本城氏の墓 -長昌寺-
初代前橋市長・下村善太郎の墓 -龍海院 その2-
白鳳時代の大伽藍寺院跡 -山王廃寺跡-
松平(直基)家の崇敬社 -前橋東照宮-
復活のイエス -前橋聖マッテア教会-
群馬初のカトリック教会 -前橋カトリック教会-
群馬初の公会堂 -群馬会館-
昭和時代の群馬の顔 -群馬県庁昭和庁舎-
江戸時代の年貢貯蔵庫 -上泉郷蔵-
剣聖・上泉信綱の墓 -西林寺-
安産の神様と巨石群 -産泰神社-
石川氏の墓 -最善寺-
前橋・大室公園 その6 -旧関根家住宅-
前橋・大室公園 その5 -前二子古墳-
前橋・大室公園 その4 -中二子古墳-
前橋・大室公園 その3 -後二子古墳-
前橋・大室公園 その2 -小二子古墳-
前橋・大室公園 その1 -M・1号古墳-
赤城神社 その3 -二宮・赤城神社-
前橋・八幡山古墳
単層四脚の総門 -大徳寺-
常盤御前のお墓? -極楽寺-
静御前のお墓? -養行寺-
上野国の総鎮守 -総社神社-
初めて見たオリンピックのメダル -総合スポーツセンター・スポーツ資料館-
岩神の飛石 -岩神稲荷神社-
お虎が淵伝説 -虎姫観音-
のんびり散策 その2 -敷島公園・ばら園-
のんびり散策 -敷島公園-
お艶のその後・・・ -お艶が岩/お艶観音-
淀君のお墓? -元景寺-
上毛野田道の墳墓? -蛇穴山古墳-
秋元氏歴代の墓所 -宝塔山古墳-
秋元氏の菩提寺 -光巌寺-
徳川譜代・酒井家の菩提寺 -龍海院-
明治時代の迎賓館 -臨江閣-
水道タンクと資料館 -前橋市水道資料館-
ネコも入りたがる記念館 -萩原朔太郎記念館-
あたり一面草ぼうぼう -上野国分寺跡-


前橋市三河町の普門山隆興寺。
(「酒井忠世の開基 -隆興寺-」参照)
隆興寺には、群馬県の助産師(産婆)の質と地位向上に尽力した
津久井磯が眠っており、またその遺徳碑が建っている。

津久井磯遺徳碑
津久井磯は江戸末から明治の人。
水戸藩士の家に生まれ、24歳の時に前橋市の産科医と結婚。
「産論」などの専門書を読みながら夫を師として研鑽に励み、産婆と
として独立。出産時の事故が多かった時代に、専門知識と豊富な経験に
裏打ちされた産科医も及ばぬ的確な技術で評判を上げる。
明治21年(1888年)には「群馬産婆会」の初代会長になっている。

貧しい人からは診薬の報酬を受けず、また私費で「産婆講習所」を
開設し、医師を講師として解剖・生理学などを教授し、保健衛生の意識
向上に生涯を捧げている。


前橋市大手町3丁目の前橋公園。
平成28年(2016年)8月に「楫取素彦と松陰の短刀」銅像が設置
された。

楫取素彦銅像
初代群馬県令・楫取素彦と妻・寿(吉田松陰の妹)が、生糸の輸出を
目指して渡米する新井領一郎に松陰形見の短刀を託すシーン。
もうひとりは、新井の兄・星野長太郎。
(左から、星野、寿、楫取、新井)

平成27年(2015年)のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」で、楫取素彦と
寿、文が取り上げられたことから、前橋市はいろいろPRを兼ねた
イベント行っていた。

その一環として、寄付を募り銅像製作を計画していたものが完成した
ということ。

もともとは、平成27年中に2500万円(目標)を集め、翌平成28年
3月までに完成・設置する予定だったが、寄付の集まりが悪く5ヶ月
遅れで、やっと設置された。

寄付募集期間(平成27年5月~12月)には、目標の約半分である
1300万円しか集まらず、山本市長が公費(税金)補填すると発言し、
大批判を浴びていた。
結局、寄付募集期間を延長し、何とか約2600万円集ったようだ。

「花燃ゆ」の視聴率は、歴代大河の最低タイだし。それに、言っちゃ
悪いが楫取素彦って知名度もなければ人気もないから。逆に、高崎
市民からは大の嫌われ者さ(経緯は省略するけど)。

前橋市は観光資源になると思っているようだが、さてどうかな?

関連
 「前橋市が楫取素彦の銅像を建てるって??
 「群馬県初の民間器械製紙所 -水沼製糸所跡-


高崎市(旧郡部を除く)

井戸から出てきた八幡菩薩像 -井戸八幡宮-
新町宿から購入した灯籠 -大八木諏訪神社-
正観寺遺跡群 祭祀巨石
古鏡を祀る -鏡宮神社-
高崎市最大・最古の板碑 -妙典寺-
高崎五万石騒動中総代・山田勝弥の墓
高崎五万石騒動大総代・小島文次郎の墓 -大森院-
高崎五万石騒動大総代・佐藤三喜蔵の墓 -高崎・普門寺-
高崎五万石騒動大総代・高井喜三郎の墓
水戸黄門腰掛石 -山名八幡宮 その2-
信玄の鍋掛け石 -天竜護国寺-
上中居総鎮守 ひいらぎさま -上中居諏訪神社-
下小鳥村の首塚 -枉寃旌表之碑-
八幡八幡宮の別当寺 -大聖護国寺-
彼岸桜の老樹が護る -桜塚古墳-
高崎市・少林山薬師塚古墳
高崎市・少林山天頭塚古墳
高崎市・八幡原A号及びB号石槨
高崎市・剣崎長瀞西古墳
七士殉職供養塔
帝国陸軍特別大演習 -山名御野立所跡-
防火の神様 -高崎南町・愛宕神社-
群馬県出身の殉国の英霊を祀る -群馬県護国神社-
菊地町のウナギ伝説 -抜鉾神社-
酒井雅楽頭から拝領した松 -萩原の大笠松-
彦狭島王の墳墓? その2 -将軍塚古墳-
小栗上野介忠順の養嗣子・又一忠道の墓
軍師・山本勘助の子孫の墓 -大雲寺-
和田氏の菩提寺 -興禅寺-
高崎・和田の三石
高崎最古の五輪塔 -玄頂寺-
お染の墓 -高崎市木部町・安楽寺-
木部範虎の墓 -心洞寺-
木部白満の墓 -光台寺 その2-
山名氏館跡??? -光台寺-
乃木稀典揮毫の忠魂碑と東条英機揮毫の忠霊塔
稲川政右衛門の墓 -常安寺 その2-
豊岡藩陣屋跡 -常安寺-
源頼義・義家父子の建立 -若宮八幡宮-  
群馬シンフォニーホール
ここに泉あり -群馬音楽センター-
藩主のお宝 -頼政神社 その2-
六郷・長野郷の総鎮守 -烏子稲荷神社-
「すさのお」とは読めない -進雄神社-
行き止まりの高架橋 -岩鼻軽便鉄道跡-
ダイナマイト発祥の地 -群馬の森・ダイナマイトの碑-
群馬県立歴史博物館
旧井上房一郎邸 -高崎市美術館-
高崎市綿貫町・普賢寺裏古墳
高崎市綿貫町・不動山古墳
高崎市倉賀野町・浅間山古墳
高崎市倉賀野町・大鶴巻古墳
七仏薬師如来 -安楽寺-
岩鼻代官・吉川栄左衛門の墓 -高崎岩鼻・観音寺-
古き良き時代の旅館 -豊田屋旅館-
税金バベルの塔 -高崎市役所-
内村鑑三家の墓 -高崎若松町・光明寺-
高崎市民の憩いの場 -高崎公園-
徳川忠長自刃の部屋 -長松寺-
井伊直政の伯母のお寺 -恵徳寺-
高崎の総鎮守 -高崎神社-
茶舗・水村園 -小見家住宅-
旧威徳寺の内陣があるけど・・・ -光徳寺-
ネオ・ゴシック風教会 -高崎聖オーガスチン教会-
群馬で唯一建物が残る城址 -高崎城址-
土蔵のような外観 -高崎あら町・諏訪神社-
倉賀野の総鎮守 -倉賀野神社-
飯盛り女の墓 -九品寺-
江原源衛左門重久の墓 -慈眼寺-
上野国七之宮 -小祝神社-
彦狭島王の墳墓? -三島塚古墳-
天狗が守る神社 -琴平神社-
井上保三郎の墓 -荘厳寺-
八幡霊園内にあります -若田原遺跡-
長野氏ゆかりの屋敷址 -北新波砦址-
長野氏累代の墓 その2 -来迎寺-
徳川忠長の墓 -大信寺-
中曽根康弘資料館
私は日本の文化を愛す -洗心亭-
こんな所にあったのね -中山道一里塚-
山田徳蔵氏のコレクション -山徳記念館-
浦島太郎のいる庭園 -徳明園-
深山幽谷の趣 -洞窟観音-
坂上田村麻呂の開基 -清水寺-
元ロシア人兵士の墓 -龍廣寺-
高崎という地名の由来 -龍廣寺-   
源氏ゆかりの社 -八幡(やわた)八幡宮-
上豊岡の茶屋本陣
見事な山門の天井絵 -養報寺-
倉賀野城主・金井秀景の墓 -永泉寺-
水上交通の要 -倉賀野河岸跡-
山名氏の祖・義範の創建 -山名八幡宮-
歌聖・藤原定家を祀る -定家神社-
佐野の舟橋歌碑
いざ鎌倉へ -常世神社-
戦時中の教科書を見よう -高崎市歴史民俗資料館-
懐中電灯を貸してくれる資料館 -観音塚考古資料館-
群馬の石舞台? -観音塚古墳-
源三位を祀る -頼政神社-
最後の上野三碑 -山ノ上碑-
上野三碑 -金井沢碑-
社有地なので入れない? -岩鼻陣屋跡-
高崎市・観音山古墳


高崎市倉賀野町の井戸八幡宮。

井戸八幡宮 (1)
井戸八幡宮は正保3年(1646年)の創建と伝わる。

創建には、下記の伝説が残っている。
ある日、田口次郎左衛門辰政という者の夢に1羽の鳩が現れ、「お前は
私を知っているか」と言い、古城(倉賀野城)三の廓のほとりへ飛んで
行った。その数日後、地震があり三の廓跡の古井戸から清水が湧き
出した。この清水は枯れることなく湧き出て、調べたところ井戸の底から
八幡菩薩像が出てきたことから社を建てて祀ったという。

井戸八幡宮 (2)
参道脇の井戸上には覆屋が建てられ、中には神輿が安置されている。
神輿は享和元年(1801年)に造られたもので、特別な祝祭時のみ
出御する宮神輿。

井戸八幡宮 (3)
井戸八幡宮 (4)
井戸八幡宮 (5)
社殿は寛政元年(1789年)、安政6年(1859年)にそれぞれ
再建されている。

天正18年(1590年)の倉賀野城落城の際、城の宝物を三の廓の
井戸に投げ込んだといわれている。井戸から出てきた八幡菩薩像は、
城主が兜の八幡座(兜の鉢の頂上のこと)に付けていたものともいわ
れる。

伝説を基調とした創建話だが、倉賀野三河守行政が鶴岡八幡宮の
神霊を勧請したという他説もある。行政は天文15年(1546年)に
討ち死にしているので、こちらの説では1500年頃の創建となる。


高崎市大八木町の諏訪神社。

大八木諏訪神社 (1)
大八木諏訪神社 (2)
大八木諏訪神社は元禄2年(1689年)の創建と伝わる。

大八木諏訪神社 (3)
大八木諏訪神社 (4)
朱塗りの鳥居の横には、旧鳥居と思われる石造鳥居がある。
扁額は下に置かれている。

大八木諏訪神社 (5)
社殿は元文5年(1740年)の建立。
(もちろん改修・修築はされている)

大八木諏訪神社 (6)
境内に「明治天皇御野立所跡」の石標があった。
野立所とは演習などで野外に設けた天皇陛下の休憩所のこと。
明治11年(1878年)に群馬県に行幸されているので、その時立ち
寄ったのだろうか。

大八木諏訪神社 (7)
境内に聖跡碑があったが、明治天皇行幸記念? 碑の裏を見てこな
かったのでよく分からない。揮毫が西園寺公望なので、そう思った。
西園寺公望は明治時代に首相などを歴任し、「最後の元老」と呼ばれ
政界に大きな影響を及ぼした実力者。

大八木諏訪神社 (8)
鳥居脇に水準点があった。

大八木諏訪神社 (9)
諏訪神社の参道入り口に灯籠がある。
この灯籠には文化12年(1815年)の銘が消され、明治24年
(1891年)の銘が刻まれている。

実はこの灯籠は、元々中山道新町宿の神流川岸にに建っていたもの。
明治24年に大八木の人が購入し、諏訪神社の参道に設置している。
新町側では売った後になって、「返して」と大八木側と交渉したらしいが
まとまらず、昭和53年(1978年)に復元している。
(「小林一茶も寄進 -新町宿見透し灯籠-」参照)

ところで、この灯籠から諏訪神社(鳥居)まではけっこう距離がある。
住宅街を歩いて行っても、それらしき神社はなかなか見えてこない。
結局、井野川にかかる諏訪橋が見えてきたところで、鳥居も見えたので
ホッとした。


高崎市小八木町の正観寺遺跡群・祭祀巨石。

正観寺遺跡群・祭祀巨石 (1)
この巨石は鏡宮神社の北西約250mのところから発掘されたもの。
縦横約2m、高さ1.1m、重さは約8トン。榛名山の安山岩。加工は
されていない。草に覆われており、大きさが余りピンとこないが・・・。
(鏡宮神社は「古鏡を祀る -鏡宮神社-」参照)

発掘地の周辺からは多数の竪穴式住居が確認され、古代の集落跡で
であったらしい。

巨石は発掘された集落内の標高の最も高いところに掘られた穴の
中央に置かれ、その周りには土師器、須恵器や勾玉などの祭祀具が
あり、6世紀後半の祭祀に関連するものと推定されている。

古代の歴史・文化を示すものとして、鏡宮神社の境内隅に移されて
保存されている。

正観寺遺跡群・祭祀巨石 (2)
正観寺遺跡群・祭祀巨石 (3)
巨石の後ろにも、いくつかの石がある。一緒に発掘されたもの?

祭祀具は南東側に置かれており、これを正面とすると、巨石の向こう
側に榛名山が見えることになる。榛名山は6世紀初めに2度の大噴火
を起こしているので、その際に飛翔してきたのかも。

榛名山の大噴火により、榛名山南部ではいくつもの集落が埋没して
いる。祭祀は榛名山を鎮めるためと考えられる。

関連
 「日本のポンペイ -黒井峯遺跡-
 「日本のポンペイ その2 -中筋遺跡-
 「甲(よろい)を着た古墳人 -群馬県埋蔵文化財調査センター-


高崎市小八木町の鏡宮神社

鏡宮神社 (1)
鏡宮神社 (2)
鏡宮神社は神亀2年(725年)金星が昼間に輝いたのを不思議に
思った村人が、光射す場所を掘ったら古鏡が出てきた。この鏡を祀る
社殿を建立したのが鏡神社の始まりと伝わる。

鏡宮神社 (3)
鏡宮神社 (4)
鏡宮神社 (5)
社殿は明和6年(1769年)に、大工・笠原右膳の手による。
江戸時代後期の社寺建築の特色(無彩色の多種多様な彫刻)をよく
示している。

最近では、平成4年(1992年)に改修が行われている。

鏡宮神社 (6)
拝殿内に絵馬が奉納されていた。内容はよく分からない。

鏡宮神社 (7)
鏡宮神社 (8)
境内社の天満宮。脇には菅原道真らしき石像が。古そうに見えるが
平成16年(2014年)とある。

鏡宮神社は明和4年(1767年)に火災で宝物や古文書などが焼失
してしまったようだが、その時までは鏡も残っていたのかな。


高崎市小八木町の慈雲山妙典寺。

妙典寺 (1)
妙典寺 (2)
妙典寺 (3)
妙典寺の由緒は不明。

妙典寺 (4)
墓地の北側に鎌倉時代中期頃の板碑と五輪塔がある。

妙典寺 (5)
板碑は高さ215cm、最大幅58cm、厚さ9cmで緑泥片岩製。
阿弥陀三尊を表す3個の梵字(種子)が薬研で彫られ、康元2年
(1257年)の銘がある。高崎市に現存する板碑では最大にして
最古である。

妙典寺 (6)
板碑の隣にある五輪塔は凝灰岩製で、板碑と同年代の造立と推定
されるが、紀年銘が見られず不明。

ちなみに、高崎市で銘が残る最古の五輪塔は阿久津町・玄頂寺の
康永2年(1343年)銘である。
(「高崎最古の五輪塔 -玄頂寺-」参照)


高崎市(旧群馬町、旧箕郷町、旧榛名町、旧吉井町、旧新町、旧倉渕村)

高崎市吉井町・馬庭の薬師堂
群馬県最古の笠塔婆 -安養寺跡の笠塔婆-
高崎市・本庄辻の地蔵尊
高崎市・西間野(猿落し)の磨崖碑
井伊直政の伯母・恵徳院の開基? -萬松寺-
高崎市箕郷町・松山寺
果売箱が狛犬代わり? -高崎下室田・大森神社-
高崎市中室田町・岩井堂の石幢
高崎市倉渕町・石上神社
高崎市倉渕町・榛名山座主の森
室田之滝不動 -高崎市室田・大福寺-
羊太夫を祀る その2 -多胡神社-
高崎市吉井町・恩行寺古墳
鎌倉時代の創建 -恩行寺-
長根氏の居城 -長根城址-
権田栗毛の観音像を祀る -岩窟観音-
大戸浦野氏の中興開基 -全透院-
高崎市吉井町・南高原1号古墳
高崎市吉井町・片山1号古墳
羊太夫が乗ってきた舟? -舟石-
高崎市・金古愛宕山古墳
高崎市吉井町・御穴塚古墳
羊太夫の龍馬伝説 -随雲寺-
高崎市吉井町・馬庭飯玉神社
吉井藩陣屋跡(春日社跡)
吉井藩主・菅沼定利の氏神 -吉井八幡宮-
福田赳夫元首相の銅像
高崎市吉井町・馬庭念流道場
利根川100景 -東谷渓谷-
高崎市吉井町・住吉神社
剣聖・塚原卜伝の勧請? -卜神諏訪神社-
延文の板碑 -折茂観蔵院-
萌え系絵馬 -白山神社-
長野業正の長男・吉業の墓 -善龍寺 その2-
箕輪城水の手曲輪 -法峰寺-
柏木沢の蚕影碑
由良国繁の墓? -箕郷町・金龍寺-
吉井町・小暮の穴薬師
天久沢陣城跡の石造地蔵菩薩坐像
武田信玄の陣城跡 -天久沢観音堂-
榛名富士に登ったぞ! ロープウェイでだけど
榛名公園ビジターセンター
木部姫伝説の井戸 -長年寺 その2-
木部姫伝説 -御沼オカミ神社-
細川興秋の末裔・長岡家の供養施設 -弥勒寺-
日本三妙見 -妙見寺/妙見社-
木曽義仲の父・源義賢の館跡 -多胡館跡-
火打金鍛冶職人・中野孫三郎の墓
高崎市新町・神流川合戦の供養塔
土師清大夫の墓 -浄泉寺-
元禄と享保の石鳥居が保存されている -高崎市新町・諏訪神社-
小林一茶も寄進 -新町宿見透し灯籠-
遊女奉納の絵馬 -高崎市新町・八幡宮-
大和郡山藩柳沢家2代・柳沢信鴻の継室の墓 -宝勝寺 その2-
小判供養塔 -宝勝寺-
高崎市新町・明治天皇行在所
遊女・於菊物語 -於菊稲荷神社-
福田赳夫元首相の墓 -徳昌寺-
高崎市榛名歴史民俗資料館
情緒のある佇まい -延命密院-
小串氏の墓所と南北朝時代の石仏 -地勝寺-
奥平氏発祥の地 -奥平神社-
多胡郡の総鎮守 -辛科神社-
吉井藩代官・橳島家3代の墓 -法林寺-
菅沼定利の墓 -玄太寺-
県内屈指の大伽藍 -仁叟寺-
義民・白田六右衛門の顕彰碑 -龍源寺-
吉井・多胡薬師塚古墳
里見城址に行ってきた?? -里見城址-
里見氏ゆかりの神社 -郷見神社-
里見義俊の菩提寺 -光明寺-
伝・権田栗毛 終焉の地
小栗上野介忠順 終焉の地  
井伊直政の開基 -龍門寺-
ちょっと荒れ過ぎ・・・ -石上寺-
石棺が剥き出しで保存されてます -保渡田薬師塚古墳-
立派な前方後円墳なんだけど・・・ -保渡田八幡塚古墳-
白岩観音 -長谷寺-
内藤塚 -善龍寺-
伝・長野業盛の墓
長野業盛の墓があるって聞いたけど・・・ -大円寺-
長野業正の墓 -長純寺-
長野氏累代の墓 -長年寺-
堀部安兵衛の設計・築造の庭園 -旧下田邸書院&庭園-
吉井藩陣屋の表門
吉井藩の歴史を勉強しました -吉井郷土資料館-
合併記念の碑だった -入野碑-
埋もれた名城 -箕輪城-
見晴らしはいいけど・・・ -吉井・牛伏山-
戦国時代に想いをはせる -神流川の合戦-
あれっ? 何でこんなに混んでるの? -榛名神社-
アララギ派って? -土屋文明記念文学館-
あたり一面草ぼうぼう -上野国分寺跡-
小栗上野介の墓 -東善寺-


高崎市吉井町馬庭の薬師堂。

馬庭の薬師堂 (1)
吉井高のすぐ北側に薬師堂があり、その堂内に3体の石仏が安置
されている。3体とも坐像で牛伏砂岩製。

馬庭の薬師堂 (2)
写真左が薬師如来坐像。
左手に薬壷を持ち、光背は桃形である。厚肉彫りで肩の張りは大きく、
膝は張りが少ない。

中央は阿弥陀如来座像。
阿弥陀定印を結び、頭部はやや猪首状である。通肩厚肉彫りで肩は
張りが大きく、膝は張りが少ない。総高99.5cm。

右は地蔵菩薩坐像。
秘印を結び、光背は舟形、頭部はやや猪首状、通肩厚肉彫りで、肩は
張りが大きく、膝は張りが少ない。総高86.5cm。

3体とも砂岩製なので、風化が進んでいる。お堂ができる前は露座で
あったためであろう。


高崎市上大島町の笠塔婆。

安養寺跡の笠塔婆 (1)
安養寺跡の笠塔婆 (2)
この笠塔婆は、高さ94cm、幅34cm、厚さ29cmの安山岩製。
正面下部に文永元年(1264年)の銘がある。群馬県内最古の笠塔婆
である。

安養寺跡の笠塔婆 (3)
正面に阿弥陀如来像半陽刻されている。
実は左右の側面にも不動明王像、毘沙門天像が線刻されていたのだが、
見落としていた。

安養寺跡の笠塔婆 (4)
ここは安養寺というお寺だったらしいが、現在は上大島町の公民館に
なっている。

安養寺跡の笠塔婆 (5)
安養寺跡の笠塔婆 (6)
笠塔婆の横には石塔群、公民館脇には六地蔵が残されており、寺跡
であることを偲ばせる。ただ六地蔵は相当新しそうだが。

公民館の西(?)の民家庭先にも石塔が数基見えたので(もちろん
入っていない)、安養寺もそれなりに大きかったと思われる。


高崎市上里見町本庄の地蔵尊坐像。

本庄辻の地蔵尊 (1)
本庄辻は、旧草津街道と中山道から風戸峠を経由してきた榛名道との
交点で、そこに宝暦12年(1762年)銘の地蔵尊坐像が鎮座している。
竿石は妙義、高崎、榛名方向を示す道標になっている。
(後付けのようだが)

本庄辻の地蔵尊 (2)
地蔵尊のお顔は穏やかである。

本庄辻の地蔵尊 (3)
少し高い岩の上に鎮座しており、非常に見えずらい。
当時は往来する人々を温かく見守っていたのだろうが、現在はほとんど
気がつかれないだろう。我ながら、よく見つけたものだ。

↑このページのトップヘ