Tigerdreamの上州まったり紀行

上毛かるたと群馬県内の神社仏閣、遺跡・史跡・古墳、資料館などの紹介。

訪問ありがとうございます。クリックしてもらえるとうれしいです♫ ⇒ 
Tigerdreamのまったりとスペシャル系」もよろしく! 


甘楽郡甘楽町上野の医王山今宮寺。

今宮寺 (1)
今宮寺 (2)
今宮寺 (3)
今宮寺の由緒は不明。

今宮寺 (4)
今宮寺 (5)
天引石に彫られた阿弥陀三尊石仏。
主尊・阿弥陀如来(中央)、脇侍・観音菩薩(向かって右)、勢至菩薩
(同左)を配している。高さ67cm、幅65cm、厚さ20cm。

天引石は砂岩のため、三尊仏はかなり風化が進んでいる。

今宮寺 (6)
三尊仏とともに覆屋内には2基の板碑があった。詳細は不明。

今宮寺 (7)
今宮寺 (8)
境内にある今宮寺稲荷。
立派な石祠は昭和54年(1979年)の再建。
由緒碑らしきものがあったが、ほとんど判読できず・・・。
わずかに読めたのは、「今宮寺稲荷の創建は不詳なり」。


伊勢崎市八斗島の稲荷神社。

八斗島稲荷神社 (1)
八斗島稲荷神社 (2)
八斗島稲荷神社は天正年間(1573~92年)に那波顕宗が奥州九戸
戦争で討死後、境野主水吉澄・五十嵐無兵衛知徳の両人が、顕宗の
遺志を奉じて創建したという。
奥州九戸戦争が九戸政実の乱のことなら天正19年(1591年)。

八斗島稲荷神社 (3)
八斗島稲荷神社 (4)
八斗島稲荷神社 (5)
八斗島稲荷神社 (6)
八斗島稲荷神社 (7)
社殿は安政2年(1855年)に再建。現在の本殿は明治43年(1910年)
に八郎神社から60円で買ったもの。
前年の明治42年(1854年)に八郎神社が豊武神社に合祀されたため。

本殿には立派な彫刻が施されている。この本殿を持っていた八郎神社を
合祀により廃棄してしまったんだね。
ちなみに八郎神社は、昭和43年(1968年)に分祀され、福島町に鎮座
している(「群馬八郎満胤がご祭神 -八郎神社-」参照)。

八斗島稲荷神社 (8)
八斗島稲荷神社 (9)
社殿裏にはたくさんのお狐様が奉納されている。

八斗島稲荷神社 (10)
参道脇に力石があった。
1番右の力石は75貫目(約281kg)で、吉野円三という船大工が境内で
担いで三間(約5.4m)歩いたという。
真ん中は45貫目(約161kg)で、5人の力持ちが交代で神社の周囲を
担ぎ歩いたという。

ところで、由緒で那波顕宗が奥州九戸戦争で討死したと書いたが(境内の
由緒碑)初耳だ。顕宗は天正18年(1590年)の仙北一揆で討死が通説
(だと思う)。那波氏は顕宗の討死で断絶したというのも通説(だと思う)。



伊勢崎市長沼町の八幡宮。

長沼八幡神社 (1)
長沼八幡神社 (2)
長沼八幡宮は、康平5年(1062年)に源頼義が奥州平定のおり、石清水
八幡宮の分霊を勧請し、戦勝祈願をしたと伝わる。
源頼義は、有名な八幡太郎義家の父親である。

長沼八幡神社 (3)
長沼八幡神社 (4)
長沼八幡神社 (5)
浅間山の天明3年(1783年)の大噴火後に、現在地に遷座している。
それまでは利根川の氾濫により遷座地が定まらなかったようだ。
(長沼町は利根川に面している)

康平5年は源頼義が3度目の陸奥守に任命され、奥州の騒乱の鎮圧に
向かった年である。頼義は見事騒乱を鎮圧し、前九年の役を終結させて
いる。


伊勢崎市境上渕名の渕名神社。

渕名神社 (1)
渕名神社 (2)
渕名神社は熊野神社として奈良時代に創建されたと伝わる。鎌倉時代に
渕名光行の崇拝を受け、その氏神として祭祀されたという。
渕名氏は平安時代中期、当地に土着した藤原秀郷の子孫(6代目)・渕名
兼行を祖とする。

明治に入り、上渕名の飯玉神社を合祀した際に渕名神社と改称している。

渕名神社 (3)
渕名神社 (4)
渕名神社 (5)
現在の社殿は平成10年(1998年)の新築。

以前、境内には樹齢300年を超えると推定される大銀杏があったため、
当地の字名は銀杏と言った。現在は合併により、伊勢崎市境上渕名と
字名は消えてしまった。

渕名神社のご祭神は保食命になっている。これは合祀された飯玉神社の
ご祭神である。元の熊野神社のご祭神・奇御木野命はどうなっているかと
いうと、由緒を記した碑では配祭神として祀られているとある。

ところが、境内にあった熊野神社の由緒板によると、「(熊野神社ご祭神)
奇御木野命は祀られなくなってしまった」とある。さらには、「大家が店子に
追い出された形となった」とまで書いてある。

明治の合祀時に、熊野神社と飯玉神社で主導権争いみたいな感じで
揉めたってことかな?


桐生市

桐生市黒保根町・上田沢赤城神社
新田義貞の供養寺 -大善寺-
枯山水庭園と山水庭園の美しい対比 -宝徳寺-
桐生市・慈丸山聖眼寺
桐生市・栖松寺の石幢
桐生市東1丁目・諏訪神社
日限地蔵尊 -観音院-
古式曹洞宗方丈形式本堂 -長泉寺-
群馬県初の民間器械製紙所 -水沼製糸所跡-
楳本法神の墓 -桐生市黒保根町・医光寺 その2-
弘法大師の開創 -桐生市黒保根町・医光寺-
平和の鐘 -常鑑寺-
小田原の機利者・山上郷右衛門の創建 -常廣寺-
桐生市新里町・愛宕塚古墳
天王宿の鎮守社 -桐生市相生町・八坂神社-
天王宮の別当寺 -天王院-
桐生市広沢町・比呂佐和神社
旧一本木村民が開基 -東沢寺-
志村けん奉納の招き猫(+α) -桐生市新里町・赤城寺-
桐生市新里町・後閑の五輪塔
伝教大師・最澄の開山 -大蔵院-
副住職の将来が楽しみだ(笑) -妙音寺-
桐生市西久方町・寂光院
桐生市出身スポーツ選手実物着用ユニフォーム -桐生市民体育館-
金八地蔵 -久昌寺-
桐生氏の館跡 -梅原館跡-
由良氏四天王・高橋英元の開基 -祥雲寺-
宝くじの総本山? -光性寺-
桐生厄除け薬師霊場 -泉龍院-
細川内膳の墓 -文昌寺-
名馬「池月」の産出地 -高園寺-
渡瀬繁詮の開基 -渭雲寺-
「宝珠型仏塔」の弁財天 -桐生・光明寺-
徳川家康を祀る権現堂 -栄昌寺-
安土宗論浄土宗首座・玉念の開山 -浄運寺-
昆虫の宝庫? -ぐんま昆虫の森-
入場無料の遊園地 -桐生が岡遊園地-
入場無料の動物園 -桐生が岡動物園-
桐生市川内町・三島神社
七福神がいる -雲祥寺-
角塔「建武の碑」 -桐生・東禅寺-
伝承 運慶作の千手観音 -千手寺-
ぼたん寺 -龍真寺-
桐生市新里町・関の磨崖仏
穏やかなお顔の虚空蔵菩薩像 -瀧興寺-
龍門の滝? -善龍寺-
新田義貞「中黒古旗」を復元 -桐生織物記念館-
ノコギリ屋根工場 -桐生・近代化遺産建造物群-
赤城山が御神体 -赤城の百足鳥居-
小学校の敷地内にある -天神古墳-
新川臣の墳墓 -中塚古墳-
「槍先形尖頭器」のモニュメント -相澤忠洋記念館-
桐生市・矢野本店&有鄰館
伝・桐生大炊介 手植の柳
菱町富士に鎮座 -桐生・普門寺-
熊が出る?? -桐生川ダム-
桐生氏累代の墓 -西方寺-
由良成繁の墓 -鳳仙寺-
由良成繁の開基 -桐生・青蓮寺-
智明上人の開創 -崇禅寺-
風情のある山門 -桐生・観音寺-
白滝姫伝説 -白滝神社-
桐生・相生の松
藤生紀伊守の開基 -大雄院-
源義家の祈願所? -法楽寺-
彦部家の菩提寺 -福厳寺-
美しい白滝姫 -織姫神社-
関東一社 -桐生西宮神社-
上野国十之宮 -美和神社-
大正モダニズム -桐生倶楽部会館-
桐生の総鎮守 -桐生天満宮-
昭和初期のモダン建築 -水道山記念館-
明治初期の洋風建築 -桐生明治館-
小さな自動車博物館 -桐生自動車博物館-
上野国十一之宮 -賀茂神社-
山上氏の築城 -山上城址-
平安時代の塔婆 -山上多重塔-
火葬墓? -武井廃寺跡-
伝新田義貞の首塚 -善昌寺-
歴史ありすぎ! -彦部家住宅-

このエントリーをはてなブックマークに追加


桐生市黒保根町上田沢の赤城神社。

上田沢赤城神社 (1)
上田沢赤城神社 (2)
上田沢赤城神社の由緒は不明。涌丸山医光寺の裏山にある。
(医光寺は「弘法大師の開創 -桐生市黒保根町・医光寺」参照)

上田沢赤城神社 (3)
小さな社殿があるだけだが、その彫刻が素晴らしい。

上田沢赤城神社 (4)
上田沢赤城神社 (5)
上田沢赤城神社 (6)
上田沢赤城神社 (7)
上田沢赤城神社 (8)
黒保根村の彫刻師と言ったら関口文治郎を思い出す。しかも上田沢の
出身である。医光寺の本堂にも見事な欄間彫刻があり、作者が関口
文治郎であることを考えると、赤城神社の彫刻も関口文治郎ではない
かと、勝手な想像をしてしまう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


桐生市相生町の源光山大善寺。

大善寺 (1)
大善寺は元和9年(1623年)に新田義貞を供養するため、太田・大光院の
吞龍さんの高弟・超雲上人によって開山される。
相生は江戸時代に新田(しんでん)と呼ばれていたので、当地が選ばれた
という。

大善寺 (2)
参道脇には庚申塔などが並んでいる。

大善寺 (4)
大善寺 (3)
宝暦7年(1757年)、明治8年(1875年)と2度の大火により本堂は焼失。
明治43年(1910年)に広沢の代官屋敷の古材を購入し仮本堂を建築。
平成4年(1992年)に現在の本堂を新築している。

吞龍さんが太田・大光院を開く前に住職を務めていた八王子のお寺が
大善寺。大善寺はこの名を受け継いでいる。

八王子の大善寺には「白滝姫」が祀られている機守神社がある。八王子も
織物の町として栄えており、桐生出身の織物師が霊夢で白滝姫から製織の
技法を授かり、感謝のしるしに祠を建て白滝姫を祀ったのが始まりという。
江戸時代の話として残っている。
(白滝姫は「白滝姫伝説 -白滝神社-」参照)

八王子・大善寺とは、吞龍さん繋がりだけでなく、白滝姫でも繋がっている
ということ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


桐生市川内町の大光山宝徳寺。

宝徳寺 (1)
宝徳寺は宝徳年間(1449~51年)に、桐生城(柄杓山城)の裏口を
護るため桐生正綱により創建された。

宝徳寺 (2)
本堂前にある原爆の残り火「平和の火」。
その名の通り昭和20年(1945年)広島に投下された原爆の残り火。
福岡県八女市に残されていたものを、平成27年(2015年)に分火して
もらっている。

宝徳寺 (3)
平成26年(2014年)再建の鐘楼。宝徳寺では大晦日の除夜の鐘を
平成27年(2015年)から半日早く、昼の12:00から撞いている。
これは夜間の外出が難しい高齢者や子供たちにも鐘を撞いてもらい
たいという配慮から。

宝徳寺 (4)
宝徳寺 (5)
宝徳寺 (6)
宝徳寺 (7)
禅宗方丈形式の本堂。禅の精神から華美なものを排し、質素な造りと
なっている。方丈とは本来住職の居室のことをいう。
住職のことを「方丈さん」というのはここからきている。

宝徳寺 (8)
宝徳寺 (9)
本堂前の枯山水庭園。自由に本堂に上がれ、のんびり庭園をながめる
ことができる。

宝徳寺 (10)
本堂脇には滝と池からなる山水庭園がある。枯山水との対比が美しい。

宝徳寺は春はぼたん、秋は紅葉が美しい。ぼたん寺、紅葉寺とも呼ばれ
参拝者も多い。また、宝徳寺で人気なのが「アートなご朱印」。ご朱印
目当ての参拝者も多くなっているという。

このエントリーをはてなブックマークに追加


桐生市元宿町の慈丸山聖眼寺。

聖眼寺 (1)
聖眼寺は大永年間(1521~27年)に御坊木という場所に創建されたと
伝わる。真言密教の根本道場として寺中に六坊が置かれ、大いに栄え
ていた。

聖眼寺 (2)
聖眼寺 (3)
聖眼寺 (4)
元亀2年(1571年)の由良氏と桐生氏の争い時に全山焼失。天正11年
(1583年)に弘算法印により再興開山している。
現在の本堂は昭和39年(1964年)の再建。

聖眼寺 (5)
薬師如来を祀る薬師堂。

聖眼寺 (6)
桐生市の保存樹に指定されている「タラヨウ」。
樹齢約200年、樹高11m、幹周り1.4mの大木。「タラヨウ」ってあまり
聞かない木だが、モチノキの一種。4、5月に4mmほどの小さな黄緑色の
花が群れて咲く。秋には8mmほどの小さな球形の赤い実がなるらしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加


館林市、大泉町、板倉町、邑楽町、千代田町、明和町

新田義重の勧請 -足次赤城神社-
館林市・日向義民地蔵
繁栄の松 -旧大了庵跡-
大谷休泊の墓
館林市高根町・大山祇神社
原田種政の墓? -龍興寺-
永明寺のキンモクセイ -永明寺-
北条泰家の創建? -恩林寺-
志士之碑(竹岸武兵衛の顕彰碑) -神光寺-
館林騒動・三義人の供養碑 -教学院-
館林市・外池商店
館林市・旧二業見番組合事務所
分福酒造店舗 -毛塚記念館-
青龍の井戸 -青龍神社-
城沼の竜神伝説 -竜の井-
浮世絵師・北尾重光の墓 -覚応寺-
徳川四天王・榊原康政の墓 再訪 -善導寺-
榊原康政の孫・松平忠次の生母の墓 -善長寺 その2-
戸泉鋼作の墓 -大道寺 その2-
生田萬父祖の墓 -大道寺-
日本四社 青梅天満宮
英霊を祀る -邑楽護国神社-
館林の総鎮守 -長良神社-
不動まんだら板碑 -五宝寺-
青色地蔵板碑 -愛宕神社-
館林城の鐘 -応声寺-
関東88ヶ所霊場第14番霊場 -観性寺-
田山花袋の姉の墓 -常光寺-
石打こぶ観音 -明言寺-
山門の閻王殿 -慶徳寺-
新田義貞四天王・篠塚伊賀守重廣の菩提寺 -邑楽町・大信寺-
玉眼嵌入彩色仁王像 -木崎東光寺-
元応の板碑 -舞木円福寺-
田山花袋の歌碑 -赤岩八幡神社-
行基の開創 -千代田町・安楽寺-
荻野吟子の生家の長屋門 -光恩寺 その2-
関東屈指の古刹 -光恩寺-
大泉町・城之内の百庚申
多々良沼の岬に鎮座 -浮島弁財天-
邑楽町のシンボルタワー -未来MiRAi-
同向式画文帯神獣鏡 -古海原前1号古墳-
徳川綱吉ゆかりの梵鐘 -寶林寺-
伝・児島高徳の墓 -高徳寺-
民俗資料館 -大泉町文化むら その3-
埋蔵文化財常設展示室 -大泉町文化むら その2-
裕福な自治体はいいね -大泉町文化むら-
富岡氏の菩提寺 -龍泉院-
大泉町・城之内古墳
西邑楽の総社 -小泉神社-
富岡氏の居城 -小泉城址-
田中正造の墓 -雲龍寺-
楠木正成の首塚? -楠木神社-
向井千秋記念 子ども科学館
きつねの尾曳伝説 その2 -尾曳稲荷神社-
徳川四天王・榊原康政の墓 -善導寺-
「お辻」の供養塔 -善長寺-
館林市・山王山古墳
つつじが岡第2公園 その2 -館林城出土墓石群-
つつじが岡第2公園 -旧秋元別邸-
明治の擬洋風建造物 -旧上毛モスリン事務所-
きつねの尾曳伝説 -館林城址-
館林市第1資料館
旧館林藩の武家屋敷 -武鷹館-
白鳥の舞 -多々良沼-


館林市足次町の赤城神社。

足次赤城神社 (1)
足次赤城神社 (2)
足次赤城神社 (3)
足次赤城神社は、建仁2年(1202年)新田義重が三夜沢赤城神社の
分霊を勧請し、新田氏代々の守護神としたと伝えられる。
義重は新田氏の祖である。

しかし「吾妻鏡」の建仁2年1月29日の記に、北条政子が源頼家(鎌倉
幕府2代将軍)に対し、義重が死去し20日も経っていないのに蹴鞠に
興じるのは不謹慎だと叱る記述がある。
これを信用するなら、義重は新年早々死去したと考えられ、足次赤城
神社の創建年はちょっと怪しい。

足次赤城神社 (4)
現在の社殿は平成3年(1991年)に修復されている。

拝殿内には「ムカデと梅樹絵馬」と「千匹ムカデ絵馬」がある(どちらも
館林市の重文)。ムカデは赤城神の眷属といわれ、赤城神社とムカデの
関わりを示す資料となっている。
(関連 「赤城山が御神体 -赤城の百足鳥居-」参照)

拝殿を覗けば、この絵馬は見ることができる。ただ右側に飾られている
のと、ガラス付きの額に納められているようで、どうしても写真がうまく
撮れなかった。正面や額のガラスに外景が反射してしまい、絵馬にカブっ
てしまうのだ。残念! (絵馬は、これ以外にも多数飾られている)

足次赤城神社 (5)
足次赤城神社 (6)
足次赤城神社 (7)
足次赤城神社 (8)
足次赤城神社 (9)
本殿の彫刻は素晴らしい。

ちなみに、「ムカデと梅樹絵馬」の作者は北尾重光である(願主は別人)。
(北尾重光は「浮世絵師・北尾重光の墓 -覚応寺-」参照)


館林市日向町の義民地蔵。

義民地蔵 (1)
義民地蔵 (2)
徳川綱吉が館林藩主だった時代、役人が「目こぼれ」と称し年貢米一俵が
三斗五升のところを一斗余分に徴収するという事件が起こった。
これに対し、小沼昌左衛門、森尻右馬上允、栗原四郎兵衛、小沼久四郎、
栗原三左衛門ら18名の名主たちが代表となって藩に申し立てを行った。

しかし役人に聞き入れられなかったことから、江戸へ上がり藩主に直訴を
行った。これにより農民救済の願いはかなったが、直訴は死罪のため18名
は捕えられ、延宝4年(1676年)日向刑場において処刑された。

その後、元禄17年(1704年)農民の犠牲となって処刑された18名への
報謝の意を込め、その冥福を祈るため地蔵尊が造られ供養された。
以後「義民地蔵」と呼ばれている。

ここは日向刑場跡である。館林藩の刑場が天和・貞享(1681~87年)の
ころ当地(日向村)から青栁村へ移されたため、刑場跡地に地蔵尊を建て
ることが可能であった。

館林藩では本事件のすぐ後の享保3年(1718年)にも「館林騒動」と呼ば
れる直訴事件が起こっており(当時の藩主は松平清武)、藩としての統治
能力がかなり低かったと考えられる。

関連
 「館林騒動・三義人の供養塔 -教学院-
 「志士之碑(竹岸武兵衛の顕彰碑) -神光寺-


館林市北成島町の旧大了庵跡。

旧大了庵 (1)
旧大了庵は寛永5年(1628年)ころには、地域住民の菩提寺となって
いたが、いつ頃からか無住となり現在は北成島町の区民会館となって
いる。写真は旧本堂と思われる。

旧大了庵 (2)
旧大了庵 (3)
旧大了庵 (4)
旧境内には「郷土繁栄之記」という碑とともに、「繁栄の松」が茂っている。
碑には地域のことや大了庵のことが記されていたが、内容はほとんど
忘れてしまった(すみません・・・)。

旧大了庵 (5)
旧大了庵 (6)
旧大了庵 (7)
地元の英霊(二十二勇士)のお墓と忠魂碑がある。
英霊のご冥福をお祈りするとともに、現在の平和の礎を築いてくださった
ことへ感謝します。


上毛かるた紀行、上州まったり紀行の中から、「お墓・供養塔」に関する
ものをリスト化したもの。
一応、有名人・著名人、歴史的な人物(氏族)が対象。
中には、「伝」・「?」も多いけどね(笑)。


前橋市(旧郡部を除く)

平敦盛の供養塔 -泉蔵寺-
石田玄圭の墓
静御前のお墓??
赤穂浪士・矢頭右衛門七の母の墓 -大蓮寺-
新田義貞の首級を持ち帰った(?)「覚明」の墓 -宝禅寺-
中臣羽鳥連の墓 -釈迦尊寺-
名馬・磨墨の墓 -祝昌寺-
酒井忠世家臣・本城氏の墓 -長昌寺-
初代前橋市長・下村善太郎の墓 -龍海院 その2-
剣聖・上泉信綱の墓 -西林寺-
石川氏の墓 -最善寺-
常盤御前のお墓? -極楽寺-
静御前のお墓? -養行寺-
萩原朔太郎のお墓 -政淳寺-
淀君のお墓? -元景寺-
秋元氏歴代の墓所 -宝塔山古墳-
德川譜代・酒井家の菩提寺 -龍海院-


前橋市(旧大胡町、旧宮城村、旧粕川村、旧富士見村)

大前田英五郎の墓 その2
牧野家家老・山本帯刀の墓 -長興寺 その2-
伊勢崎藩主・稲垣長茂両親の墓 -長興寺-
満蒙開拓移民の父・東宮鐡男陸軍大佐の墓 -金剛寺 その2-
北爪将監の供養塔 -赤城寺-
梶原景時父子の墓? -珊瑚寺-
牧野家の菩提寺 -養林寺-
大胡太郎(藤原重俊)の墓 -長善寺-
関東一の大親分 -大前田英五郎の墓-
老農 船津傳次平


伊勢崎市、佐波郡(玉村町)

俳人・栗庵似鳩の墓
板垣信方の墓 -常清寺-
伊勢崎藩の藩校教授・浦野神村の墓
沼田景義のご子孫の墓 -泉龍寺 その2-
那波宗広の墓 -泉龍寺-
大谷義継の孫・大谷隆昌の墓 -龍昌院-
跡部氏の菩提寺 -紅厳寺跡 その2-
弥勒寺音次郎・音八父子の墓
福島泰蔵大尉の墓 -天人寺-
村上随憲の墓 -長光寺-   
那波教元の墓? -富塚円福寺-
駒井政直・親直の墓 -宝幢院-
駒井氏累代の墓 -竹芳寺-
斎藤宜義の墓 -宝蔵寺-
小畠武堯の墓 -善応寺-
伊勢崎藩主・稲垣長茂の屋敷門 -同聚院- (関當義・重嶷父子の墓)
那波小太郎・小次郎の墓 -天増寺 その2-
稲垣氏累代の墓 -天増寺-
藤原秀郷(俵藤太)の供養塔 -宝珠寺-
国定忠治の墓 -養寿寺-


渋川市、北群馬郡(吉岡町、榛東村)

新田一門・大島氏の墓 -大島家墓地の石堂墓石-
永岡形部左衛門の墓 -興禅寺 その2-
三原田の宝篋印塔群 -興禅寺- (永井氏累代の墓)
山崎石燕の墓と鳥酔翁塚 -雙林寺 その2-
養蚕家・馬場重久の墓
里見義秀の供養塔? -金蔵寺-
本多氏ゆかりの寺 -源空寺- (本多廣孝の墓)
真光寺の重要文化財 (木暮足翁の墓)


高崎市(旧郡部を除く)

高崎五万石騒動中総代・山田勝弥の墓
高崎五万石騒動大総代・小島文次郎の墓 -大森院-
高崎五万石騒動大総代・佐藤三喜蔵の墓 -高崎・普門寺-
高崎五万石騒動大総代・高井喜三郎の墓
七士殉職供養塔
小栗上野介忠順の養嗣子・又一忠道の墓
軍師・山本勘助の子孫の墓 -大雲寺-
稲川政右衛門の墓 -常安寺 その2-
豊岡藩陣屋跡 -常安寺- (根津政直の墓)
お染の墓 -高崎市木部町・安楽寺-
木部範虎の墓 -心洞寺-
木部白満の墓 -光台寺 その2-
岩鼻代官・吉川栄左衛門の墓 -高崎岩鼻・観音寺-
内村鑑三家の墓 -高崎若松町・光明寺-
飯盛り女の墓 -九品寺-
江原源衛左門重久の墓 -慈眼寺-
井上保三郎の墓 -荘厳寺-
長野氏累代の墓 その2 -来迎寺-
徳川忠長の墓 -大信寺-
元ロシア人兵士の墓 -龍廣寺 その2-
高崎という地名の由来 -龍廣寺- (村上鬼城の墓)
倉賀野城主・金井秀景の墓 -永泉寺-


高崎市(旧群馬町、旧箕郷町、旧榛名町、旧吉井町、旧新町、旧倉渕村)

高崎市倉渕町・榛名山座主の森  (快尊、忠尊、快承の墓)
長野業正の長男・吉業の墓 -善龍寺 その2-
由良国繁の墓? -箕郷町・金龍寺-
木部姫伝説 -御沼オカミ神社- (木部姫の供養塔)
細川興秋の末裔・長岡家の供養施設 -弥勒寺- (織田信長、細川興秋の供養塔)
火打金鍛冶職人・中野孫三郎の墓
土師清大夫の墓 -浄泉寺-
大和郡山藩柳沢家2代・柳沢信鴻の継室の墓 -宝勝寺 その2-
福田赳夫元首相の墓 -徳昌寺-
小串氏の墓所と南北朝時代の石仏 -地勝寺-
吉井藩代官・橳島家3代の墓 -法林寺-
菅沼定利の墓 -玄太寺-
県内屈指の大伽藍 -仁叟寺- (奥平貞訓の墓)
井伊直政の開基 -龍門寺- (井伊直政の継父・松下源太郎の墓)
内藤塚 -善龍寺- (内藤昌豊の墓)
伝・長野業盛の墓
長野業正の墓 -長純寺-
長野氏累代の墓 -長年寺-
小栗上野介の墓 -東善寺-


安中市

安中忠政の墓 -全性寺 その2-
医学者・荒木寅三郎の墓
山田三川の墓 -龍昌寺 その2-
新島襄の祖父と弟の墓 -妙光院-
安中草三郎の妻・歌の墓? -東光院-
安中忠親の墓 -安中・桂昌寺-
安中忠清の墓 -安中・久昌寺-
下曽根氏累代の墓 -信照寺-
詩人・大手拓次の墓
伊勢義盛の墓? -安中市岩井・常楽寺-
源頼光四天王・碓井定光の開基 -松井田・金剛寺- (碓氷定光の供養塔)
依田信濃守政知の開基 -長源寺- (依田政知と後閑信純の墓)
磯貝雲峰の墓 -自性寺-
高崎藩主松平康長の娘・露姫の墓 -実相寺-
大道寺政繁の墓 -補陀寺-
戦国時代の戦死者? -簗瀬八幡平の首塚-
太山融斉と柏木義圓の墓 -西廣寺-
妖怪・チャンコロリンの墓 -大泉寺 その2-
小野栄重の墓 -南窓寺-
井伊直政正室・唐梅院の墓 -大泉寺-
伝佐々木盛綱夫妻の墓 -松岸寺 その2-
伝赤穂藩士・大野九郎兵衛の墓 -松岸寺-


富岡市、甘楽郡(甘楽町、下仁田町、南牧村)

文永5年銘の小幡型板碑 -甘楽町・宝勝寺- (小幡藩織田家家老・吉田玄番家累代の墓)
横尾丹波守吉泉の墓
稲部市五郎種昌の墓 -富岡市・金剛院-
橋本暮村の墓 -伝宗寺-
高田大和守憲頼の墓 -陽雲寺-
伝・庭屋氏累代の墓 -甘楽町・庭谷の五輪塔-
七日市藩前田家の元祖廟 -前田家御宝塔-
富岡製紙工女の墓 その2 -海源寺-
高橋道斎の墓 -常住寺-
お菊の墓が旧妙義町にもあった
前田利家側室・明運尼の墓 -永心寺-
組石造りの地蔵像 -法華経供養遺跡- (長岡家墓所)
お菊伝説 -宝積寺 その2- (お菊の墓)
小幡氏歴代の墓 -宝積寺-
七日市藩主の菩提寺 -長学寺-
富岡製紙工女の墓 -龍光寺-
織田家7代の墓碑


藤岡市、多野郡(神流町、上野村)

松井宗直の墓 その2 -光徳寺 その3-
松井宗直の墓 -源性寺-
高山遠江守重栄の墓 -興禅院 その2-
高山長五郎の墓 -興禅院-
山内上杉氏累代の墓 -円満寺-
菊川英山の墓 -成道寺-
算聖・関孝和の墓 -光徳寺 その2-
芦田氏の菩提寺 -光徳寺-
武田家家臣・長井正實の開基 -天陽寺- (長井正實の墓、依田信守、信政の墓)
義民 堀越三右衛門


太田市(旧郡部を除く)

勾当内侍の墓 -太田市・大圓寺-
新田義興の供養塔 -太田・東光寺-
矢場氏墓石群 -恵林寺-
新田義忠の墓? -浄光寺-
新田義興の墓? -威光寺-
新田氏累代の墓 -円福寺-
新田義貞の供養塔 -金龍寺-
太田金山 子育呑龍 (呑龍上人の墓/新田義重の墓)


太田市(旧新田町、旧尾島町、旧藪塚本町)

初代古河公方・足利成氏の墓 -東雲寺-
岩松守純・豊純父子の供養塔 -長楽寺 その4-
開山・栄朝禅師の無縫塔 -長楽寺 その3-
世良田義季の墓? -長楽寺 その2-
長楽寺5世・月船琛海の墓所 -普光庵跡-
「日本の飛行機王」中島知久平の墓 -徳性寺-
横瀬泰繁の墓? -龍得寺-
茂呂権蔵の墓 -太田・普門寺-
長慶天皇の陵墓?? -長慶寺-
気まずい場所にある・・・ -伝・藪塚氏の墓-
津軽藩代官・足立氏の墓 -東楊寺-
勾当内侍の墓と新田義貞の首塚 -花見塚公園-
悪源太義平の墓? -清泉寺-
岩松尚純夫妻の墓 -尚純萩公園-
源義国の墓所? -義国神社-
畑の中の古墓 -伝新田義重夫妻の墓-
天海が住職をしていたらしい -長楽寺- (世良田義季累代の墓)


桐生市

楳本法神の墓 -桐生市黒保根町・医光寺 その2-
小田原の機利者・山上郷右衛門の創建 -常廣寺-  (山上郷右衛門の供養塔)
伝教大師・最澄の開山 -大蔵院- (森喜作氏の墓)
由良氏四天王・高橋英元の開基 -祥雲寺- (高橋英元の墓)
桐生厄除け薬師霊場 -泉龍院- (下村昌伯の墓)
細川内膳の墓 -文昌寺-
桐生氏累代の墓 -西方寺-
由良成繁の墓 -鳳仙寺-
彦部家の菩提寺 -福厳寺-
伝新田義貞の首塚 -善昌寺-


みどり市

名誉県民・長谷川四郎元衆議院議員が眠る -世音寺-
岡登景能の墓 -国瑞寺-
山田氏および里見兄弟の墓


館林市、邑楽郡(大泉町、板倉町、邑楽町、千代田町、明和町)

大谷休泊の墓
原田種政の墓? -龍興寺-
館林騒動・三義人の供養碑 -教学院-
浮世絵師・北尾重光の墓 -覚応寺-
徳川四天王・榊原康政の墓 再訪 -善導寺-
榊原康政の孫・松平忠次の生母の墓 -善長寺 その2-
戸泉鋼作の墓 -大道寺 その2-
生田萬父祖の墓 -大道寺-
田山花袋の姉の墓 -常光寺-
新田義貞四天王・篠塚伊賀守重廣の菩提寺 -邑楽町・大信寺-
元応の板碑 -舞木円福寺- (千代田町長・大谷典三氏の墓)
関東屈指の古刹 -光恩寺- (赤井照光の墓)
伝・児島高徳の墓 -高徳寺-
富岡氏の菩提寺 -龍泉院-
田中正造の墓 -雲龍寺-
楠木正成の首塚? -楠木神社-
徳川四天王・榊原康政の墓 -善導寺-
「お辻」の供養塔 -善長寺-


沼田市、利根郡(みなかみ町、片品村、川場村、昭和村)

加沢平次左衛門の墓
海野輝幸と嫡男・幸貞の墓 -海野塚-
会津藩白虎隊・町野久吉の墓
伝・真田熊之助の墓 その2
伝・真田熊之助の墓
上杉謙信の供養塔 -如意寺-
土岐家の祈願所・勝軍地蔵雨宝殿 -東禅寺-
発智為時の墓 -東光禅寺-
薄幸の女流歌人・江口きちの墓 -桂昌寺-
伝・真田信利の墓 -迦葉山弥勒寺 その2-
名胡桃城代・鈴木重則の墓?? -正覚寺 その2-
真田信政三男・信武の墓 -成孝院-
真田信政二男・信守の墓 -舒林寺-
沼田平八郎景義の墓 -沼田大明神-
真田信政側室・浜松の局の墓 -東源寺-
加藤清正の孫・藤枝正良の墓 -妙光寺 その2-
真田信吉側室・慶寿院の墓 -妙光寺-
真田信吉の菩提寺 -天桂寺-
真田信之正室・小松姫の墓 -正覚寺-
新田義宗の墓? -雲谷寺-


吾妻郡(中之条町、長野原町、草津町、嬬恋村、東吾妻町、高山村)

僧・空閑の墓
富豪・加部安左門の屋敷跡 -大運寺- (加部家の墓)
吾妻太郎行盛の墓 -長福寺-
小渕恵三元首相の墓 -林昌寺-
平九塚と皇大神宮


館林市北成島町の大谷休泊の墓。

大谷休泊の墓 (1)
大谷休泊の墓 (2)
大谷休泊は戦国期の農政家。
関東管領・山内上杉憲政の下で、農業事業や開拓事業を執り行っていたが、
天文21年(1552年)に平井城が北条氏に攻められ憲政が越後に逃げると、
館林城の長尾顕長に招かれ、館林周辺の開発事業を行った。

渡良瀬川から、後に「上休泊堀」と名付けられる堀を掘り、新田開発を
進めた。また、多々良沼からも「下休泊堀」を掘り、同様に開墾を進めた。
その結果、多くの新田が誕生し農業生産力は飛躍的に向上した。

さらには、150万本もの松を植林し、「大谷原山林」を造成。これは防風林
としての役目を果たし、現在もその一部が残っている。

大谷休泊の墓 (3)
墓地は「大谷休泊記念公園」として整備され、休泊の事業を示す大きな
解説板も立っている。

休泊は天正6年(1578年)57歳で没している。


↑このページのトップヘ